恵みの日々

365 Days of Blessing

「信じる者は幸い」 Blessed are those who believe



今日の話のタイトルは「信じる者は幸いである」ですが、何を信じるかが大切です。「デマ」を信じたり 「詐欺」を信じたりしたら災いを招きます。人をだまして、暴利をむさぼろうとする貪欲な者を信じることは、幸いではありません。それで、善悪を見分け「正しいもの」を信じる者は幸いであると言うことになります。今日の話の主人公のトマスは新約聖書では十二使徒の一人として挙げられ、ヨハネによる福音書20:24-27に記されています。トマスは「疑い深い人の」の代表として知られています。

なぜ、トマスが疑い深いかと言われると、普通の人なら他の弟子たちが彼に「私たちは主を見た。」と言ったことでイエスの復活を信じるのに、「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません。」と言ったからです。ヨハネ20:24,25


この疑い深いトマスに、ついにイエス様は現れてくださいました。八日後に、弟子たちはまた室内におり、

トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように。」と言われた。ドアが閉じられていれば、人は部屋の中に入ることができません。イエス様はドアを開けずに、どのように部屋に入ることができたのでしょうか。通常、物理的には不可能なことをイエス様は行ったことになります。イエス様の復活された体は亡霊ではなく肉体を所有していましたが、この世の次元を超越した体になっていたのです。

突然のイエスの出現に、驚いたトマスに対して、イエス様は言われました。「あなたの指をここにつけて、

わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」と言われました。トマスは自分が主張していた言葉を復活したイエス様に言われました。

すなわち「自分の目で、その復活した体を見て、この手でその体を触ってみるまでは信じない。」と言いました。自分が語った言葉を繰り返して言われた時、どんな気持ちだったでしょうか。心の奥底まで見透かされている感じがしたことでしょう。

イエス様はトマスに信じることがいかに大事であるかを伝えるために「信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」とトマスに語りました。これに対して、トマスは答えてイエスに言いました。「私の主。私の神。」トマスは自分の不信仰がいかに間違っていたか、愚かであったか痛感したことでしょう。イエス様に

完全に降伏して「私の主。私の神。」と言って主イエスをあがめました。 最期にさらに、イエス様は難しい状況の中にあっても信じることの大切さをトマスに告げました。イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」ヨハネ20:26-29 

見て信じるならだれにでもできます。信仰は要りません。見ないで信じるから信仰なのです。

この疑い深いトマスも、復活したイエスとの出会いで、立派な信仰者になり、インドまで赴いて宣教し、そこで殉教したと言われています。

もしキリストが甦らなかったのなら、あなた方の信仰はむなしく、あなた方は今なお、自分の罪の中にいるのです。 1コリント 15:17キリスト教が立つのも倒れるのも、復活にかかっています。イエスの十字架の死による罪の贖い、救いはキリストの復活に裏付けられます。イエスが復活しなかったら、十字架の救いは効力を失います。イエスが復活されたことは、イエスが神の子の決定的な証明になります。

信仰があれば、恐れ、不安を乗り越えて、前進していくことができます。信仰こそ行動の原動力です。

信仰こそ勝利の秘訣です。私は甦りです。命です。私を信じるものは死んでも生きるのです。ヨハネ11:25 

私たちの信仰これこそ、世に打ち勝った勝利です。Iヨハネ5:4 「彼に信頼するものは、失望させられることが無い。」ローマ10:11

イエスの復活が事実でなければ信じる者の救いは空しくなり、永遠の命を受け天国に行けなくなります。

このイエスの復活を信じ、罪と死の恐れに打ち勝つ勝利者とされましょう。コロナウイルスの感染拡大で世界は不安と恐れの中にあります。今こそ甦られたイエス様を信じ不安、恐れに打ち勝ちましょう。


The title of this talk is “The person who believes is blessed” however, what we believe is of great importance. If we believe misinformation or fake information disaster may result. It is not blessed to believe a greedy person who wants to make a great profit. We need to separate good from evil and know that believing good will be blessed.

Thomas, one of the twelve disciples chosen by Jesus is written about in John 20:24-29. He is often called “doubting Thomas.”  Most people say this is because, when the other disciples told him that they had seen the resurrected Jesus he said, “Unless I see the nail marks in his hands and put my finger where the nails were, and put my hand into his side, I will not believe it.” John 20:24, 25.


Suddenly, Jesus appeared before the doubting Thomas. “A week later His disciples were in the house again, and Thomas was with them. Though the doors were locked, Jesus came and stood among them and said, `Peace be with you!`.”  When a door is locked people cannot enter the room. Without opening the door, how did Jesus enter the room?  Jesus was able to do something that would normally be considered scientifically impossible.  Jesus was not a ghost as he had flesh but not in the same way as we have.

Thomas was astounded at His sudden appearance and Jesus said, “Put your finger here; see my hands. Reach out your hand and put it into my side. Stop doubting and believe.”

It was as though the assertion he had made that he would not believe unless he could see and touch Jesus directly was said directly to Him. How did he feel when Jesus repeated the same words back to him? He must have felt that Jesus could see into the depths of his heart.  To emphasise to Thomas how important belief is Jesus said, “Stop doubting and believe.” Thomas responded, “My Lord and my God!”  Thomas must have strongly felt just how foolish and wrong his unbelief had been.  He submitted himself to Jesus, bowed before Him and cried out, “My Lord and my God!” Finally, Jesus reiterated the importance of faith even in difficult circumstances saying, “Because you have seen Me you have believed; blessed are those who have not seen and yet have believed.”

Anyone can believe if they can see. Faith is not required. To believe without seeing is faith. Thomas the doubter, after his encounter with the resurrected Jesus, became a man of faith and is reputed to have gone to India where he preached the gospel and was martyred for his faith.

“If Christ has not been raised, your faith is futile; you are still in your sins.” I Corinthians 15:17. The basis of Christianity is the resurrection. Salvation and the atonement for our sins by the death on the Cross are dependent on the resurrection. Salvation through Jesus` death on the Cross loses its efficacy if there is no resurrection. Jesus` resurrection is conclusive evidence of His claim of being the Son of God. If we have faith we can overcome fear and anxiety and move forward. Faith empowers action. Faith is the secret of success.

“I am the resurrection and the life. He believes in Me will live, even though he dies. John 11:25. “This is the victory that has overcome the world, even our faith.” I John 5:4. “Everyone who trusts in Him will not be put to shame.” Romans 10:11.

If Jesus was not resurrected, we will not have salvation, have eternal life or go to heaven. Let us believe that Jesus did rise from the dead and be victors over the fear of death and sin. The spread of the Corona virus throughout the world is causing fear and anxiety. Now is the time to believe the resurrected Jesus and be freed from fear!


日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.