恵みの日々

365 Days of Blessing

「悲しみから喜びに」From mourning to joy

ヴァチカンにトランプ大統領がローマ法王を訪問し、二人は民衆の前に立ちます。法王がトランプ大統領に言いました。「私は片手を振ると観衆は動揺し、歓声を上げますよ。」「そんな馬鹿なことを私は信じませんよ。」「じゃ、やってみましょう。」と言って、法王はトランプ大統領の頬を平手打ちにしました。すると観衆はどよめき、歓声を上げました。

人生には思いがけない時に、平手打ちを受けたように衝撃を受け、動揺することがあります。

人生には突然の災害、事故、病気、盗難ななどに襲われ、今後どうして生きていったらよいか途方に暮れる時があります。その時は、誰でも、苦しみ、悩み、悲しみます。

シュネムの婦人には子供がいませんでしたが、奇跡的に与えられ、その子が、大きくなりました。

ある日、父親に、「私の頭が、頭が。」と言ったので、父親は若者に、「この子を母親のところに抱いて行ってくれ。」と命じた。若者はその子を抱いて、母親のところに連れて行った。この子は昼まで母親のひざの上に休んでいたが、ついに死んだ。II列王記4:18-20

人生は不可解です。命が与えられたと思ったら、命が無くなります。彼女は山の上の神の人エリシャのところに来て、彼の足にすがりつい言いまいた。「主は生きておられ、あなたのたましいも生きています。私は決してあなたを離しません。」そこで、彼は立ち上がり、彼女のあとについて行った。II列王記4:30 彼女は息子が助かるためには、必死でエリシャに祈ってもらおうとしました。

エリシャが家に着くと、なんと、その子は死んで、寝台の上に横たわっていました。突然自分の息子を失うことは何という悲しみでしょう。一瞬にして絶望のどん底に落とされたように感じたことでしょう。

今回の10月12日の台風19号で、浸水した家屋が6万軒近くありました、そして、死者数は現在75名ですが、もっと増えるでしょう。この被害で大変なショック、打撃を受けた人々は数多くいることでしょう。

人間の人生には何が起こるか分かりません。突然の事故や病気で命がなくなることが良くあります

あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現われて、それから消えてしまう霧にすぎません。ヤコブ4:14

人の一生は『霧』のように短いです。そして、突然死が襲ってくることが良くあります。健康と思われる人が、突然、脳梗塞や心臓病で死ぬニュースを耳にします。また、交通事故などの不慮の事故で、突然死ぬことがあります。昔、ニュージーランドで高校の教師をしていた時、友人の学校長が急に白血病になり、1年もたたないうちに命を落としてしましました。

エリシャは死んだ子供のために祈りました。エリシャが寝ている子供の上に身をかがめると、奇跡が起こり、その子は生き返りました。それから、寝台の上に上がり、その子の上に身を伏せ、自分の口を子どもの口の上に、自分の目を子どもの目の上に、自分の両手を子どもの両手の上に重ねて、子どもの上に身をかがめると、子どものからだが暖かくなってきた。それからくしゃみをして目を開けました。II列王記4:34 

息子が生き返ったことを知った母親の喜びはどんなに大きかったことでしょうか。このシュネムの女はエリシャの足元に、地にひれ伏して、感謝の気持ちを表しました。そして子供を抱き上げて、出て行きました。彼女の悲しみは、喜びに代わりました。

祈りは奇跡を産みます。信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。ヤコブ5:15 神に祈ることで、悲しみが喜びに変えられました。

夕暮れには涙が宿っても、朝焼けには喜びの叫びがある。詩篇30:5

The Pope and Donald Trump are standing on the balcony of the Vatican. “When I raise my hand the spectators will all be moved and cheer,” the Pope stated. “I don`t believe such a stupid thing would happen,” Trump responded. “Shall I show you?” The Pope raised his hand and slapped Trump on the cheek. The crowd went wild and cheered.

There are times in life when, unexpectedly, it is if we have been slapped on the cheek, we reel and are upset. A natural disaster, accident, illness or robbery hits us and we are at a loss as to how we should live. Anyone, in times like that, suffers, is sad and troubled.

The Shunammite woman was initially unable to have children but miraculously a child was born and grew up. One day, the boy cried to his father, “My head, my head is so sore!” His father asked one of the workers to take his son to his mother. The worker picked up the young boy and carried him to his mother. The boy sat on her lap until noon, and then he died. II Kings 4:18-20. Life is hard to work out sometimes. Life has been given and then, for no apparent reason, it is taken away again. She hurried to the mountain where Elisha, the man of God lived and fell at his feet. Elisha`s servant tried to push her away but she said, “As surely as the Lord lives and as you live, I will not leave you.” So Elisha got up and followed her. II Kings 4:30. She pleaded desperately with Elisha to pray for her son so that he might be saved. When Elisha reached the house he found that the son was already dead and lying on a bed. What a terrible thing it must be to lose your beloved son! Within a split second you are plunged into the depths of misery. As a result of last week`s typhoon over 60,000 homes were flooded.. Also, at least 75 people lost their lives during the storm. This has been a terrible shock to many people.

We never know what might happen in our lives. It often happens that lives are lost through accidents or illness. “Why, you do not even know what will happen tomorrow. What is your life? You are a mist that appears for a little while and then vanishes.” James 4:14.

Our lives are like a mist; ephemeral. Death often comes when it is least expected. We hear news of someone who was considered healthy suddenly having a heart attack or stroke. A car accident happens out of the blue and people die. The Principal of the school I was teaching in while living in New Zealand was diagnosed with leukaemia and died within a year.

Elisha prayed for the boy who had already died. When Elisha stretched himself out over the boy a miracle took place and the boy came back to life. “Elisha got on the bed and lay on the boy, mouth to mouth, eye to eyes, hands to hands. As he stretched himself on him, the boy`s body grew warm.” II Kings 4:34. The boy then sneezed and opened his eyes. How over-joyed the boy`s mother must have been. She showed her great joy, falling at Elisha`s feet and bowing to the ground. She then took her son and left the room. Her grief was changed into jubilation.

Prayer causes miraculous things to take place. “The prayer offered in faith will make the sick person well; the Lord will raise them up.” James 5:15. By prayer to God, sorrow will be changed into laughter.

“Weeping may stay for the night, but rejoicing comes in the morning.” Psalm 30:5.

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.