恵みの日々

365 Days of Blessing

香油の注ぎ Anointing with Perfume


ある年配の夫婦の奥さんの誕生日が翌日に迫りました。奥さんはご主人に言いました。

「あなた、明日は何の日か分かっているわね。」「わかっているよ。」「私が欲しい物も分かっているわね。」「分かっているよ。」

奥さんは腕時計が古くなったので、新しいのが欲しいとよく言っていました。

翌日ご主人は小さな箱のプレゼントを奥さんにあげました。

奥さんは目を輝かして、箱を開けました。

すると、何と、その中には腕時計ではなく一枚の緑のシソの葉が入っていました。

「なによ、これ」「今日はみどりの日で、これは君の大好きなシソの葉だよ。」「なんと、質素(シソ)なプレゼント」

喜ばれる贈り物をするのは意外と難しいものです。

Tomorrow was the birthday of an elderly woman. She said to her husband, “You do remember what day it is tomorrow don`t you?” “Of course I do,” he replied. “And you know exactly what I want don`t you?” she continued. “Yeah, I know,” was the response. The wife`s watch was getting old and she had often hinted that she wanted a new one. The next day, the husband presented a small box to his wife. She eagerly opened it. To her surprise, inside was a green Shiso leaf which is often used in Japanese cuisine and no watch! “What`s this?” she exclaimed. “Well, today is Green Day in Japan and this is a leaf I know you are particularly fond of.”

It is actually not all that easy to give a gift that the recipient will be overjoyed with.

イエス様に香油を注いだマリヤはイエス様に喜ばれる贈り物をしました。

マリヤは「純粋で、非常に高価なナルド油のはいった石膏のつぼを持って来て、そのつぼを割り、イエスの頭に注ぎ」ました。

この時に、祭司長や律法学者たちはイエスを懸命に捕らえて、殺そうと計画していました。

マリヤは間もなくイエスが殺され埋葬されることを察知したのです。

預言者のように予知能力が与えられたというよりも、イエス様がやがて、殺され、復活することを何度も予言して語っていたので、イエスの受難の死を理解したのでしょう。

例えばマルコ8:31には「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日の後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。」と記されています。

マリヤはイエスの死を察知したので、心は悲しみで一杯だったでしょう。

人の悩み、苦しみを敏感に感じ、憐み、同情の心を持つことができる人は幸いです。

当時、埋葬の前に死体ができるだけ臭わないように美しい香りを放つ香油を塗る習慣がありました。

「イエス様、あなたは本当に羊たちのために、人々の救いのために命を捧げるのですか。あなたはメシアではありませんか。メシアが死んで、埋葬されるなんて、悲しいです。」と思いながら、イエス様に香油を注いだのでしょう。

Mary, in today`s story however, gave Jesus something that made Him very happy. “A woman came with an alabaster jar of very expensive perfume, made of pure nard. She broke the jar and poured the perfume on Jesus` head.” Mark 14:3. At that time, the high priests and teachers of the law were desperately searching for some way to arrest Jesus and have Him put to death.

Mary somehow sensed that Jesus would soon be put to death and buried. Unlike the prophets who were endowed with the special gift of knowing the future, Mary probably understood what was to happen to Jesus because He had spoken of His death and resurrection many times. For example, In Mark 8:31 it is recorded that “He began to teach them that the Son of Man must suffer many things and be rejected by the elders, chief priests and teachers of the law, and that He must be killed and after three days rise again.”

Mary understood that Jesus was heading towards His death so her heart must have been breaking. Those who can sense another person`s pain and suffering and react with compassion and concern are blessed. In those days there was a custom of anointing a body with perfumed oil before the funeral in order to prevent it from smelling. As she poured perfume on Jesus, Mary may have been thinking, “Jesus, are you really going to give your life for your flock, for the salvation of mankind? Aren`t you the Messiah? It is the saddest thing if Messiah dies and is buried!”

弟子の数名が「何のために、香油をこんなにむだにしたのか。 この香油なら、三百デナリ以上に売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」マルコ14:4,5と憤慨して、マリヤを厳しく責めました。

三百デナリは今日の日本円にすると三百万円になり、一般労働者の年収に匹敵します。マリヤは高価な香油を埋葬の用意としてイエス様の体に塗ったのです。愛は自分の尊いものを捧げます。

Some of those present indignantly said, “Why this waste of perfume? It could have been sold for more than a year`s wages and the money given to the poor.” They criticized Mary for what she had done. Mark 14:4,5.

This was no cheap perfume but something that had cost Mary a great deal, a whole year`s wages in fact. People will sacrifice their most beloved possession for love.

イエス様は、「この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです。」 マルコ14:8とマリヤを弁護し、誉めました。マリヤは、イエスの十字架の死のための備えとして、最高級の香油を惜しげもなく注ぎました。

それで、「家は香油の香りでいっぱいになった」とあります。かんばしい香りがあふれ出たのです。

良い香りを放つ人とは、人々に良い感化、良い影響力を及ぼす人です。神様に捧げる香りを放つ愛の捧げ物は、この世にてキリストの香りを放つことです。 すなわち、地の塩、世の光として、あかしすることです。滅びゆく人々に神の愛を説き福音を伝えることです。

Jesus praised and defended Mary saying, “She did what she could. She poured perfume on my body beforehand to prepare for my burial.” Mark 14:8. What Mary did was preparation for Jesus` death on the Cross and she gave her prize possession without grudging. It records in the Bible that the whole house was filled with the scent of the perfume. The perfume gave off a rich fragrance.

A person who emits a beautiful fragrance is one who has a good influence on others, one who inspires others. The gift that we can give to God as a pleasing perfume is to be as Jesus to the world. In other words, to live as the salt of the earth, the light of the world. It is to proclaim the love of God and the good news of the gospel to a lost world but not only in word and but also in deeds.

イエス様に香油を注いだマリヤのように、最高の贈り物を神様にしましょう。キリストに倣いキリストの香りを言葉だけでなく行いによって放つものとなりましょう。

Just as Mary did, let us give our best to God. Let us learn from Jesus and live as He did.

奥平 Okudaira

「香油の注ぎ」11月19日礼拝メッセージより 奥平牧師

世の始まりから今でも生きておられる神様を知り、福音を聞くことができれば、あなたの人生に素晴らしい転機が訪れることが約束されています。

あなたの魂に安らぎが訪れ、真の希望と幸福が得られるパスポートが教会にはあります。

ぜひ一度、神様からのメッセージを聞きにいらしてください。

毎週日曜日10:30〜12:00 終了後に昼食の交わりがあります

Jesus Christ, who has been since before the foundation of the world, promises a change in our lives as we hear and accept His teaching.

A "pasport" allowing us access to contentment and true hope and blessing can be discovered in church. We look forward to meeting you.

Sundays 10:30 AM-12:00 PM We have lunch together after the service

浦安国際キリスト教会 Urayasu International Christian Church

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.