恵みの日々

365 Days of Blessing

目標のある人生 Purpose-filled Life


成田国際空港で偶然に昔の友人に出会いました。彼はスーツケースを引っ張って、出発ロビーに向かって歩いていました。「どこに行かれるんですか。」と聞くと、「それがどこに行くのか分からないんです。」「ええ、そんなことってあり得るんですか。」と驚いて言いました。すると、友人は「冗談ですよ。・・・・休暇でハワイに行ってきます。」と言いました。

だれでも、旅行をする時には行先を決めます。

行先、目的地の無い旅行は考えられません。

人生も、ただ漠然と生きて、目標、目的が無ければ充実しません。

目標の無い人生は空しいです。 イスラエルのダビデ王ははっきりした目標を持って生き、言いました。

「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私の命の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いふける、そのために。」詩篇27:4

1.無駄を省き、集中できる。目標を持つことは時間、金銭の浪費を防ぎます。

能率が上がります。今何をすべきか分かれば、自分のエネルギーを集中し易いです。 目標がはっきり定まらないと、どこに向かって走ってよいのかわからず、困惑します。

どんなレースにもゴールがあります。ランナーはゴールに向かって一心に走ります。 使徒パウロは「ただこの一時に励んでいます。すなわち、後ろのものを忘れ、ひたむきに前の者に向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して

2.活力、やる気が出る。目標が定まらなければ、何をしてよいか分からずやる気が起こりません。

目標があると、やる意欲が湧いて来ます。

目標があると「ただこの一時に励んでいます。」と言う生活ができるのです。

例えば、学校でも中間試験、学期末試験があるので、良い成績を取ろうとして、やる気が起こり、その試験に向かって努力しようとするのです。

受験に合格して、有名高校、大学に入ろうと必死になるのです。 聖書は、「幻の無い民は滅びる。」「幻がなければ、民はほしいままにふるまう。」箴言29:18 と語っています。

3.満足感 人間はある目的に向かってひたすら歩んでいるときに、充実感を覚えます。

さらに、その目的を達成した時の喜びは大きいのです。

例えば、野球やラグビーのリーグ決勝戦や、全日本大会、世界選手権で、優勝を遂げた勝者のチームは走り、抱き合い大喜びをします。

ファンも興奮して、グランドに走りこみます。

使徒パウロは、目標に向かって一心に走った自分の人生を振り返って、満足感、幸福感に浸りこう述べています。

「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。いまからは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。」テモテII 4:7,8 目標は自己実現、自分の才能が生かされるものであるべきです。

人間、個人一人一人は、神様から与えられた賜物があります。

それを用いることに祝福があるのです。 目標は、自分の野心、利益、欲望だけを満たし、それによって周囲の人が不幸になるものではなく、周囲の人を潤し、祝福し、幸を与える物であるべきです。

聖書の第一の戒めは、「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして神を愛しなさい。」マタイ22:37 で、第二の戒めは「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい。」です。

目標は、神を愛し、隣人を愛すことに関連しているものであるべきです。

良い目標を持ち、充実した、喜びに満ちた人生が歩めますように。 「神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走る。」ピリピ3:14 事ができますように!

I happened across an old friend in Narita International airport. He was pulling a suitcase towards the departure lobby. When I asked where was bound for he replied, “Actually I`m not sure where I`m going.” Surprised, I exclaimed, “Is that really possible?” “No, I was joking, I`m actually going to Hawaii on holiday!”

Anyone going on a trip decides before they leave where they will go. We cannot imagine a trip without a destination. Life lived without a purpose or goal will be somehow unfulfilled and empty. David, one of the kings of Israel, had a very clear goal in life. “One thing I ask of the Lord, this is what I seek; that I may dwell in the house of the Lord all the days of my life.” Psalm 27:4.

1. Eliminate non-essentials. Concentrate. Having a goal helps eliminate waste of time and resources, increases efficiency and makes it possible to concentrate one`s energy on what must be done. .If there is no clear goal it is difficult to know which way to head and confusion can result. Every race has a goal-post. Athletes head for that goal. The apostle Paul said, “This one thing I do: forgetting what is behind and straining toward what is ahead, I press on toward the goal to win the prize for which God has called me.” Philippians 3:13, 14.

2. Become motivated. Without a clear goal it is difficult to be motivated. The desire to attain the goal comes when the goal is clear. We live life saying “this one thing I do” when the goal is clear. For example, at school when faced with mid-term or end-of-year tests the goal of achieving good grades and getting into a good university motivates us to study,.

3. Satisfaction. When we work towards a particular goal we have a sense of satisfaction. When we actually achieve that goal we experience joy. When a baseball or rugby team wins in a local or international tournament they leap for joy and often hug one another.. Their fans too are beside themselves with joy and sometimes run around the sports ground. The apostle Paul who lived his life with one goal in mind experienced a sense of satisfaction and fulfilment.. When he looked back on his life he said. ”I have fought the good fight, I have finished the race, I have kept the faith. Now there is in store for me the crown of righteousness.” II Timothy 4:7, 8.

Our goals must be in line with our talents and abilities. Everybody has some talent that God has given them. We are blessed when we implement these. Our goal must not be for our own ambition, gain or greed to the detriment of others but must be something that blesses and benefits others. According to the Bible the first commandment is to “Love the Lord your God with all your heart and with all your soul and with all your mind.” And the second commandment is “Love your neighbor as yourself.” Matthew 22:37-39.

Our goals should fulfil these commandments to love God and our neighbor. May we have good goals and experience joy and satisfaction as we set out to achieve them. May we live as we are told to in Philippians3:14 “I press on toward the goal to win the prize for which God has called me.”

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.