恵みの日々

365 Days of Blessing

人を赦す Forgiving Others


新米牧師が初めての結婚式を司式しました。

たどたどしく、つっかえながらなんとか司式を進めました。

新郎新婦に祝福の言葉をかけるときに、頭の中が真っ白になってしまいました。

それで、とにかく一番好きな聖書箇所を言えば、心が落ち着くと思い、イエス様が十字架上で語った言葉を言いました。

「父よ、彼らを赦したまえ、彼らは何をしているのか自分で分からないのです。」

A new pastor conducted his first wedding. Faltering as he went, he managed to continue the ceremony. When it came time to pronounce the blessing on the bride and groom his mind went blank. He thought he might calm down if he said one of his favourite verses. It was what Jesus said when on the Cross, “Father forgive them for they know not what they do.”

今日は「主の祈り」の聖句は先週と同じです。

「私たちの負い目をお許しください。私たちも私たちに負い目のある人たちを赦しました。(赦したように)。」マタイ6:12

先週はこの聖句から「罪の告白」と言う題で話しましたが、今週は、「人を赦す」と言う題で話します。

「私たちに罪を犯すものを私たちが赦すように、私たちの罪をお許しください。」という事は、祈りが聞かれる条件は人間としての一般的な義務を果すことです。

Today`s message is a continuation of last week`s passage from the Lord`s Prayer. “Forgive us our sins as we also forgive everyone who sins against us.” Last week the message was “Confessing our sins” and today, from the same passage it is “Forgiving others.” “Forgive our sins as we have also forgiven those who sinned against us,” teaches us that one of the conditions of having our prayers heard is that we fulfil the responsibility we have as a human being.

対人関係がいい加減で、正しくなければ、神様は私たちの祈りを聞いてくださいません。

私たちが他者を赦すことができなければ、 神様は私たちの罪を赦して下さらないと言うのです。

ですから、祈る前に兄弟の罪を赦し兄弟と和解しなさいと言っています。

自分が人の罪を赦さないのに、神様に向かって自分の罪を赦してくださいとは言えないのです。

自分のすべきことをしないで、人から、神様から要求する権利はないのです。

例えば年金を支払っていない人が、年をとっても年金を要求することはできないのです。

当たり前のことです。身勝手な要求は通らないのです。

If our relationships with others are not as they should be, God will not answer our prayers. If we do not forgive those who have hurt us, God will not forgive us. The Bible tells us that before pray we should forgive others and make things right with them. If we refuse to forgive others we cannot ask God to forgive us for our sins.

If we do not do the things we should do, we do not have the right to make demands on God or on other people. Those who have not paid into the pension fund cannot demand a pension even though they have reached the age at which they could claim it. Of course, that is natural. A selfish demand will not be met.

パレスチナ紛争ではイスラエルとパレスチナ人の争いは絶えません。

最近では、アメリカがエルサレムをイスラエルの首都として認めたことでまた紛争がエスカレートしはじめました。

両方ともかたくなに、『目には目、歯には歯を。』の慣わしに従って、『やられたら、やり返す。』と言う報復の繰り返しをしています。

この『報復、復讐』の考えを貫くと、争いはいつまでも続きます。

そのために、ますます、多くの犠牲者が出ます。復讐は解決になりません。

聖書は復讐を禁じています

だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。

愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。ローマ12:17-19

The war in Palestine between Israelis and Palestinians continues unabated. America`s recognition of Jerusalem as the capital of Israel has caused the conflict to escalate. Both sides obstinately stick with the “eye for an eye, tooth for a tooth” principle and repeatedly seek revenge. Persisting with this idea of revenge and reprisal means that the struggle will continue on and on. As a result, the number of victims will continue to rise. Revenge is not a solution.

The Bible forbids retaliation. “Do not repay anyone evil for evil. Be careful to do what is right in the eyes of everybody. If it is possible, as far as it depends on you, live at peace with everyone. Do not take revenge my friends, but leave room for God`s wrath.” Romans 12:17-19.

相手を赦さなければ、苦しむのは自分です

怒りと、憎しみに燃えて、相手を赦さなければ、自分の人生が暗くなります。みじめになります。

食事は味気がなくなり、趣味、娯楽も、楽しくなくなります。

復讐心や、怒りに燃えれば、無駄なエネルギーを費やしてしまうことになります。

復讐は、解決になりません。

復讐すれば、相手の憎しみを強くさせ、争いを大きくするだけです。

赦すこと、寛容な心があって初めて、争いを終結することができるのです

If you cannot forgive someone, you are the one who will suffer. If you are filled with anger and hatred and cannot forgive someone your life will not prosper. You will be miserable: food will lose its taste, hobbies and recreation will not be as much fun. It is a waste of energy to be filled with anger and the desire for revenge. Retaliation is never a solution. If you seek to get back at someone, they will just get angry and the situation will deteriorate.

Tolerance and forgiveness can cause conflict to cease.

ですから、聖書は、「神様があなたを赦したように、あなたもあなたの隣人を赦しなさい。」コロサイ3:13 と教えています。

The Bible advises us, “Forgive as the Lord forgave you.” Colossians 3:13.

奥平 Okudaira

「人を赦す」2月11日礼拝メッセージより 奥平牧師

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.