恵みの日々

365 Days of Blessing

信仰の勇者ヨナタン Man of Faith, Jonathon


二人の泥棒が通行人の婦人を襲ってハンドバッグを奪おうとしました。そこに、少年が通りかかりました。たまたま。ポケットにビー玉とパチンコを持っていたので、勇気を出して、ビー玉を泥棒の二人に、何発も打ちました。泥棒たちはあまりの痛さに悲鳴を上げました。その隙に、婦人は、泥棒を振り切って逃げました。その後で、婦人は少年にお礼を言いました。少年は答えました。「いいえ、た易いことですよ。先生、これで、僕の数学の成績は、無事合格ですから。」 その婦人はその少年の中学の数学の教師でした。

ヨナタンはサウロ王の息子でした。

サウロ王は神の言葉に従わなかったので王座を失う結果になります。

それに比べ、ヨナタンは神の言葉に従い、正しいことのために生きた素晴らしい人でした。

ヨナタンは多数の敵のペリシテ軍勢に向かって、戦った勇敢な人でした。

わずか二人で大勢の敵に向かって前進していくのは大変勇気のいることです。ヨナタンは、道具持ちの若者に言った。

「さあ、……先陣のところへ渡って行こう。…大人数によるのであっても、小人数によるのであっても、主がお救いになるのに妨げとなるものは何もない。」I サムエル 14:6

ヨナタンは神が勝利を与えて下さると信じて敵に立ち向かいました。

信仰は、神様が必ず良い方向に導いてくださると確信することです。

信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。ヘブル11:1 

信仰は、全知全能の神様がともにいてくださると信じることです。

それで、恐れを克服することができます。

強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。

ヨシュア 1:9

信仰が欠如すれば、疑い、不安、恐れが生じます。

信仰は勝利をもたらします。

私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。I ヨハネ 5:4

王の息子、王子であれば、誰でも、次の王になることを願い、期待します。

しかし、ヨナタンはサウロ王の息子で、王子でありながら、自分よりダビデの方が王にふさわしいと考え、王座を求めません。

ヨナタンは自分の出世、野心、私利私欲のない人物でした。

ここで、もし、ダビデがいなければ、ヨナタンは素直に次期王となることを受け入れたことでしょう。

しかし、ヨナタンは自分ではなく、ダビデが王にふさわしい人物だと思いました。

ヨナタンは無能な人物ではなくイスラエルに勝利をもたらした、勇猛果敢で、知恵ある立派な人物でした。

ですから指導者として、王としてふさわしい人物でした。

それなのに、自分よりダビデが王になるべきだと考えるのは全く欲が無く、謙遜な人物であったと考えられます。

父サウロはダビデが生きていれば、息子ヨナタンの王位が危なくなるので、ダビデは殺されるべきであることをヨナタンに告げます。

サウルはヨナタンに怒りを燃やして言った。

「エッサイの子がこの地上に生きているかぎり、おまえも、おまえの王位も危うくなるのだ。今、人をやって、あれを私のところに連れて来い。あれは殺さなければならない。」I サムエル 20:31 

しかし、ヨナタンはダビデを弁護します。

「なぜ、あの人は殺されなければならないのですか。あの人が何をしたというのですか。」32 

人間は、一般的に、他者よりも自分を優先します。

他の人の繁栄より、自分の繁栄を願い求めます。    

ヨナタンのように野心が無く、無欲な人は稀です。

神様を信じるのも、自分の繁栄のためで、自分を犠牲にして、神に仕えようとする人は稀です。

無欲で、自分よりも他者を愛し、神を愛する人は祝福されます。

「命を救おうと思うものは、それを失い、私のために命を失うものは、それを見出すのです。」マタイ 16:25

奥平

A couple of robbers attempted to snatch a lady`s handbag. At that moment a young boy came by. He plucked up his courage, took his slingshot and marbles out of his pocket and pelted the robbers. The robbers shrieked with pain. The lady saw her chance and ran away. Later, she was able to thank the boy. The boy responded, “No problem Ma`m. Now my Maths test will get a pass mark!” The lady happened to be the boy`s Maths teacher!

Jonathon was Saul`s son. Because King Saul had not obeyed God he was to be replaced as king. On the other hand, Jonathon obeyed God and was a wonderful man who did the right thing. Jonathon was a brave man who faced many of the Philistine enemy and fought against them. It took great courage for Jonathon and one other man to face a large number of the enemy. Jonathon said to his armour bearer, “Come, let us go over to the outpost…Perhaps the Lord will act in our behalf. Nothing can hinder the Lord from saving, whether by many or by few.” I Samuuel 14:6. Jonathon faced the enemy believing that God would give the victory. Faith is having the confidence that God will lead in the right direction. “Now faith is being sure of what we hope for and certain of what we do not see.”Hebrews 11:1. Faith is believing that the all-knowing, all-powerful God will be with us. Faith conquers fear. “Be strong and courageous. Do not be terrified; do not be discouraged, for the Lord your God will be with you wherever you go.” Joshua 1:9. Lack of faith leads to doubts, uncertainty and fear. Faith leads to victory. “This is the victory that has overcome the world, even our faith.” I John 5:4.

Any person who is son of the king, expects and hopes, as prince, to be the next king. Jonathon, however, even though he was the king`s son knew that David was more fitted to be king and did not desire the throne for himself. Jonathon was not a self-seeking, ambitious man. If David had not appeared, Jonathon would naturally have become the next king. However, Jonathon believed that David was more fit to be king than he was. It was not that Jonathon was an incompetent man. He was a wonderful, brave, daring, wise man who brought victory to Israel. He would therefore be a fitting choice as a leader and king. Even so, he believed that David would be the better king. He was a humble man not coveting the position for himself.

Saul told his son Jonathon that as long as David was alive Jonathon`s future as king was uncertain so David should be killed. “Saul`s anger flared up at Jonathon and he said to him, `As long as the son of Jesse (David) lives on the earth, neither you nor your kingdom will be established. Now send and bring him to me, for he must die.” I Samuel 20:30, 31. Jonathon, however, jumped to David`s defence saying, “Why should he be put to death? What has he done?”

Usually, we all put ourselves before others. We are more concerned that we should prosper rather than other people. A person like Jonathon who puts others before themselves is rare. Even though we believe God, not many are prepared to totally sacrifice themselves and serve God. An unselfish person who loves God and puts others before themselves is blessed.

“Whoever wants to save his life will lose it, but whoever loses his life for my sake will find it.” Matthew 16:25.

Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.