恵みの日々

365 Days of Blessing

主の声に従う Obey God's Voice


先生がある時、生徒に質問しました。「家ではお母さんのいうことをよく聞いていい子にしていますか。」

すると、生徒が答えました。「いいえ、していません。お父さんがお母さんの言うことを聞いていい子にしています。」と答えました。

神様に助けを求める人は多いですが、神様の言葉に従う人は少ないです。

それは、人間は誰でも罪深い、自己中心的な思いがあり、神の願いよりも自分の願いを優先するからです。

少年サムエルは、主の声、神の言葉に従いました。

サムエルは敬虔な母親ハンナによって育てられ、幼少の時に大祭司エリのいる宮に、神に仕えるために預けられました。

こうして、少年サムエルは、主のみもとで成長しました。

少年サムエルは、宮で寝ているときに、神様がサムエルを呼ばれる声を4回も聞きました。

呼ばれるたびに、「はい、ここにおります。」と答えました。

しかし、その声は大祭司エリが呼んでいる声だと思いました。

サムエルは主の宮に住みよく祈り、神が彼に語り掛ける備えができていました。

器が用いられるための条件は器が使用者の近くにあることです。

どんなに立派で、高価で、きれいな器であっても不便な遠い場所におかれてあれば使われません。

神様に用いられるためには、よく祈り、み言葉を読み、神との交わりを持ち、神の近くにいることです。

神がサムエルに直接話しかけると言うことは、サムエルの心が聞く備えができていたと言うことです。

対人関係においても何か重要な話をしたい時は、相手に聞く心構えが無ければ話しません。

ですから、絶えず聞く耳を持つ人に重要な話は告げられます。

聖書はですから「聞くに早く」と語っているのです。

私たち祈りの中で、神様に話し掛け、色々な願い事を言うことはあっても、静まって神様が語り掛けるのを聞くことは稀です。

サムエルのように『主よ。お話しください。しもべは聞いております。』と言って聞く態度を持つことが大事です。

忍耐を持って、聞くことが上手な人は、人の心を開き、友を造り、祝福されます。

相手が話しているのに何か他のことを考えていたら、相手の言うことが十分理解できなくなります。

耳を澄まして、神経を集中して、よく聞くことが大事です。

周囲に多少の騒音があっても、集中すれば、小さな声でも聴くことができます。

主がサムエルに語られた内容はエリの罪の裁きでした。

エリは自分の息子たちが祭司でありながら職権を乱用して、主に捧げられた生け贄の肉を横領し、宮に仕える女たちと不品行を行っていました。

大祭司であり、父親であるエリは彼らの罪を戒め、彼らを罰するべきでしたが、彼らの罪を黙認しました。

サムエルは、大祭司エリが犯した罪の裁きを、エリに語るのを恐れたことでしょう。

しかし、エリの方からサムエルを呼んで、サムエルに、主が語られたことを言うように命じます。I サムエル記 3:11-14

それで、サムエルはエリに言われたとおりに神がサムエルに語った言葉をすべて話しました。

自分の師に対して、裁きを語ることはどんなにか辛くて、勇気のいることだったでしょうか。

日本では、今でも、医者は、患者が不治の病にかかると、患者本人には、その病気の内容を告げ無いことがあります。

良き知らせを伝えることは容易ですが、悪い知らせを告げるのには勇気がいります。

みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。ヤコブ 1:22 

友人や家族が罪に陥り、悪を行っているのを知った時に、忠告する義務があります。

自分より上の立場の人の不正を見たり、知ったりする時に、それを正すのは勇気が要ります。

神の声、良心に従うのは勇気が要ります。

犠牲を覚悟して神の声、良心の声に従える人は幸いです。

奥平

A teacher asked a student, “Are you a good kid and listen to what your mother says?” The student responded, “No, but Dad is good and always does what Mum says.”

A lot of people ask God for help but not so many follow what God says. This is because we are all sinners, self-centred and putting what we want before what God wants. The young boy, Samuel listened to God`s voice and did what He asked him to do. Samuel was brought up by his pious mother and taken at a young age to serve God in the temple where the high priest Eli was. Thus, Samuel grew up in God`s presence.

While he was sleeping in the temple Samuel heard God`s voice four times. Each time he responded, “Here I am.” At first, he thought it was the voice of the priest, Eli. Because Samuel lived in the temple and spent time in prayer he was prepared to hear God`s voice. One of the conditions for a vessel to be used is that it should be near the one wanting to use it. The further a vessel is from the user the less likely it is to be useful even if it is an expensive, valuable, clean vessel. For us to be used by God we need to spend time with Him in prayer and in reading the Bible. The reason God spoke to Samuel was that his heart was prepared and ready to listen to God. When we want to talk to someone about something of great importance to us we want the person to have listening ears. It is easy to talk to someone who is a good listener. The Bible talks about being “quick to listen.” We often approach God in prayer with our needs but do not be quiet and listen for God`s voice to us as often.

It is important for us to have the same attitude as Samuel and say, “Speak Lord, for your servant is listening.” A person who can patiently, attentively listen to others is blessed as people open up to them and they make friends. If we are thinking of something else when a person is talking to us it is not possible to fully comprehend what they are saying. It is important to give our full attention and concentrate on what the other person is saying.

God talked to Samuel about His judgement on Eli`s sin. Eli knew that even though his two sons were priests they were misusing their positions, stealing from the offerings brought in to the temple and abusing the women working in the temple. As their father and as the high priest, Eli should have disciplined his sons but he just went along with them.

Samuel must have been very fearful about telling Eli the high priest of the judgement God was going to bring on him and his family. However, Eli himself ordered Samuel to tell him everything God had said. I Samuel 3:11-14. Samuel then told Eli everything God had said. It must have taken great courage and been very difficult for Samuel to tell Eli, his mentor all that God had told him. Even now, there are times when the doctor does not tell the patient the details of their illness. It is easy to pass on good news but not so easy to tell of something that is difficult. It takes courage to do so. “Do not merely listen to the Word, and so deceive your selves. Do what it says.” James 1:19.

We have the responsibility of warning friends and family if they fall in to sin and are doing wrong. It is especially difficult to point out a fault to a senior person. It takes courage to obey God`s voice and our conscience. Those who obey God`s voice even though they know that sacrifice could be involved are blessed.

Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.