恵みの日々

365 Days of Blessing

人を愛す Loving Others


最近、中国で、雨の中で65歳の女性が自転車に乗っていて赤信号でブレーキをかけ転倒し、腕の骨を折りました。

立つことができず、倒れたままで10分間、助けを求めましたが、誰も助けませんでした。

やっと車に乗って来た男性が車を止め、彼女を助けました。

Recently, a 65-year-old woman riding her bicycle, applied the brakes at a red light, fell off and broke her arm. Unable to stand up, she lay on the ground asking for help but no-one came to her rescue. After 10 minutes, at last, a man stopped his car and assisted her.

このように人が助けを求めても、助けないで見ているのは、相手を思う愛に欠けているからです。

人を助けない傍観者は無関心や、利己心に満ち、憐れみが欠如しています。

イエス・キリストは『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』と言いました。

「愛」は対人関係において最も大切な要素です。

もし、自分を愛するように人を愛することができたら、対人関係の問題はほとんど解決します。

隣人を愛せば、盗み、詐欺、性犯罪、殺人などの事件はなくなることでしょう。

他者に危害を加えたり、暴力を振るったりしなくなるでしょう。世の中は平和になります。

Ignoring pleas for help implies a lack of love. A bystander who does not offer assistance is indifferent, self-centred and lacking in compassion. Jesus told us to “love your neighbor as yourself.” Love is the most important element in personal relationships. If we could truly love our neighbour as we love ourselves many of our problems would be solved. If we all truly loved our neighbour there would be no theft, fraud, sexual harassment or murder. Nobody would try to harm another or commit acts of violence. We would live in a peaceful world.

人は、天地創造主なる神を知り、神を愛すことが第一に大切です。

それは、神の愛の大きさ、深さ、広さを知る時に、その愛によって、他者を愛することができるようになるからです。

神の愛の偉大さを知れば知るほど、隣人を愛す人に変えられていきます。

神様は「実に、そのひとり子(イエス)をお与えになったほどに、世(あなたを)を愛された。それは御子(イエス)を信じる者(あなたが)が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」、ヨハネ3:16

「あなたは高価で尊い。」イザヤ43:4、と言って、私たちを愛してくださっています。

ですから聖書は、「愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。」1ヨハネ4:⒒と説いています。

The most important thing in life is for us to love the Lord our God, the Creator of all the universe. When we grasp how wide and long and deep and high God`s love is for us we learn how to love others. The more we experience God`s love the more we are empowered to love others.

John 3:16 reveals the extent of God`s love for us. “For God so loved the world (you) that He gave His only Son (Jesus), that whoever (you) believes in Him shall not perish but have eternal life.” God speaks of you when He says, “You are precious and honoured in my sight.” Isaiah 43:4.

The Bible reminds us “Dear friends, since God so loved us, we also ought to love one another.” I John 4:11.

私たちが特に愛すべき人は助けを求めている人たちです。

貧しい人、病気で苦しんでいる人、こころに悩みを持っている人、傷ついている人たちです。

聖書は神を愛していると言って、その愛を実行しない人に対して次のように言っています。

「世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実を持って愛そうではありませんか。」ヨハネ1.3:17,18

In particular, we should love those who are asking for help: those in poverty, those suffering from physical or psychological illnesses, those who have been hurt.

The Bible has a word for those who profess to love God but do not show it in their actions. “If anyone has material possessions and sees his brother in need but has no pity on him, how can the love of God be in him? Dear children, let us not love with words or tongue but with actions and in truth.” I John 3:17, 18.

愛は単に律法を破り、殺人、盗み、偽証、略奪などをして、人を傷つけないばかりか、助けを必要としている者、困っている人、傷ついて,苦しんでいる人のところに行って、助けることです。

これが隣人への愛です。イエス様の使命は「失われた人を探して救う」ことでした。

イエス様が人々を愛したように私たちも、神様の愛を知ることによって、隣人を愛しましょう。

“Love” does not merely mean that we should not hurt others or break the law by committing murder, theft, perjury and violence.

“Love” means that we should offer assistance to those who are hurt and suffering and calling out for help. This is love for our neighbour. Jesus` mission was to “seek and save that which is lost.”

Just as Jesus showed love to others, may we emulate Him and demonstrate to others the love that He has shown us.

奥平 Okudaira

「人を愛す」〜10/22(日)礼拝メッセージより 奥平牧師

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.