恵みの日々

365 Days of Blessing

捧げる動機 Motivation for Giving


アメリカの教会では日曜日の礼拝が終わり、出席者たちが教会を去る前に、牧師は玄関のドアの前に立って、出席者一人一人に握手をし、感謝の挨拶をします。ある教会員の息子のジョニーが牧師さんと握手した時に10ドル紙幣が小さく折られて手の中に入っていました。牧師さんは「おや、ジョニー、このお金はどうしたのかい」と聞くと、ジョニーは「うちのお父さんが、いつもこの教会の牧師が一番貧しい説教者だと、言っているので、可哀そうに思ったので、さし上げたのです。」 ジョニーは「貧しい」を「下手」と言う意味ではなく「貧乏」と思ったのです。

イエス様は人々が献金箱に金を投げ入れる様子を見ていました。

多くの金持ちが大金を投げ入れていましたが、そこへ一人の貧しいやもめが来て、レプタ銅貨を二つ投げ入れました。

このレプタは最小の銅貨で、現在のお金にしたら、約150円になります。

献金としては、余りにも少額で、誇ることが出来ないような額です。

しかし、イエス様が弟子たちを呼び寄せて「まことに、あなたがたに告げます。この貧しいやもめは、献金箱に投げ入れていたどの人よりもたくさん投げ入れました。」と言われました。

イエス様がこのやもめを誉めた理由は、みなは、あり余る中から投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、あるだけを全部、生活費の全部を投げ入れたからです。マルコ 12:41-44

捧げ物の価値は捧げる人の犠牲の割合に比例します。

このやもめの犠牲が一番大きかったので、最も価値のある捧げ物でした。

人々は物を捧げるときに、様々な動機で捧げます。

1.見栄

人は献金の額によってその人の信仰の度合いを量ろうとする傾向があります。一般的に、多く捧げる人は、「立派な信仰者だ」と見られ、少ない献金額を捧げると「信仰が薄い」と見られます。そのため、「多くの金持ちが大金を投げ入れていた。」のは、金持ちたちが人々から「立派な信仰者だ」と良く思われたいから捧げたのでしょう。

2.義務

ある人は、冠婚葬祭の時になどに捧げるお祝い金、お見舞金の社会的義務や宗教的義務から、ささげます。義務が動機で、捧げる場合は喜びが伴わないので、途中で負担になり、疲れるので、理想的動機ではありません。

3.見返り

見返りを期待して、捧げる人も多いです。この極端な例は賄賂です。ご利益のために献金するのも同じです。

人間は誰でも、打算的な心があるので、神様は捧げることは自分の祝福になることを説いています。神は「天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ。」マラキ3:10 とさえ言っています。

4.感謝

普通、捧げものは感謝の気持ちを表したい時ににします。世話になった人には、感謝の気持ちを何か贈り物をすることで表します。健康であるので、働け、収入が得られます。命、健康は神様が授けてくださるものです。それで、神に感謝して捧げます。ダビデ王は言いました。「今、私たちの神、私たちはあなたに感謝し、あなたの栄えに満ちた御名をほめたたえます。‥…すべてはあなたから出たのであり、私たちは、御手から出たものをあなたにささげたにすぎません。」I歴代誌29:13,14

5.愛

愛は捧げます。愛は与えます。「愛は惜しみなく与える」とトルストイは言いました。

神様は人々を愛したので人々の救いのために、イエス様を与え、その犠牲の死によって、罪からの救いの道を開きました。神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネ 3:16

「与える者は、受ける者より幸いです。」と聖書は述べています。

自分の命を愛し、自分だけのために生きる者はかえって貧しい、空しい人生を送ります。

反対に人を愛し、神を愛し、喜んで、惜しみなく与える人は祝福されます。神と人を愛し、惜しみなく捧げる人になりましょう。

After church was over one Sunday somewhere in America, the pastor went to the door and greeted all the congregation as they left, thanking them for coming and shaking their hands. Johnny, the son of one of the congregation left a folded up ten-dollar-bill in the hand of the pastor after greeting him. “Hey! Johnny, what is this for?” the pastor inquired. “Well, Dad says you are a very poor preacher so I felt sorry for you and thought I would give you this money.”

Jesus was watching as people put their money in the offering box. The rich people were putting in large amounts but a poor widow came by and put in two coins, two leptah. The leptah was a small copper coin of the least value. Her offering was only worth a few cents. As far as an offering goes it was a pitiful amount and would not be a cause for pride.

However, Jesus gathered His disciples together and said, “Truly I tell you, this poor widow has put more into the treasury than all the others.” He explained why He praised her in the following verse, “They all gave out of their wealth; but she, out of her poverty, put in everything – all she had to live on.” Mark 12:41-44.

The value of what we give is determined by the degree of sacrifice involved. This widow`s offering involved the greatest sacrifice therefore was deemed the most valuable. When people give, they do so from a number of different motives.

1. Vainglory. There is a tendency to judge the degree of a person`s faith by the size of their offering. Generally, a person who gives a lot is thought to be a person of faith, whereas the one who gives little is considered to be lacking in faith. “Many rich people threw in large amounts” possibly in order to be seen as people of faith by those around about.

2. Obligation. Some people give at ceremonial occasions such as weddings. Obligation is the motivating factor so joy is not involved and the giving may then be considered a tiring burden.

3. Some people give hoping to get something in return. They are being calculating when they consider the possible future benefit to themselves if they give. All people have some degree of a calculating spirit and God tells us that we will be blessed as we give. He says to try giving to see whether we will be blessed or not. “ `Bring the whole tithe into the storehouse, that there may be food in my house. Test me in this`, says the Lord Almighty, `and see if I will not throw open the floodgates of heaven and pour out so much blessing that there will not be room enough to store it.` “ Malachi 3:10.

4. Gratitude. Usually, we give something out of a feeling of gratitude. We give something out of a feeling of gratefulness to someone who has done something for us. Because we are healthy we can work and receive an income. Life and health are gifts that God has entrusted us with. And so, we give to God out of a heart of thankfulness. King David said, “Now, our God, we give thanks and praise your glorious name….Everything comes from You, and we have given You only what comes from Your hand.” I Chronicles 29:13,14.

5. Love. Love gives. Love bestows. Tolstoy told us that Love gives lavishly. Mary poured out her most precious perfume on Jesus because she loved Him. It was out of love that God gave His Son Jesus as a sacrifice in our place so we could be saved from sin. “For God so loved the world that he gave His one and only Son, that whoever believes in Him shall not perish but have eternal life.” John 3:16. The Bible reminds us that `it is more blessed to give than to receive.`

Those who love themselves and live only for themselves are actually poor and live a life missing out on blessings they could receive. On the other hand, those who love God and love others, those who give joyfully and abundantly will be blessed. Let us be those who love God and others lavishly and give abundantly.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.