恵みの日々

365 Days of Blessing

プラス思考 Positive Thinking


ある社員が課長に言いました。「課長、私にはある問題があります。」課長:「君は問題があり過ぎる。問題と思はないでチャンスと思いなさい。」社員:「では、私は今晩も飲みに行くチャンスがあります。」

指導者モーセによって使わされたイスラエルの偵察隊たちは、カナンの地を探って、四十日がたってから、彼らはその地の偵察から帰って来ました。

そして、その偵察をモーセに報告しました。民数記 13:17-33

その報告の内容は良い面と悪い面の両方がありました。

プラス面はその地は乳と蜜が流れる豊かな地でした。

果物の大きさは普通よりも何倍も大きく、二人の者が棒で、一房のぶどうを担いだぐらいです。

「そこにはまことに乳と蜜が流れています。そしてこれがそこのくだものです。」27節 

マイナス面はそこに住む人々は巨人たちで、背が高く、強く見えたことです。そして、その城壁は非常に大きくて、攻めにくく見えました。

その地に住む民は力強く、その町々は城壁を持ち、非常に大きく、そのうえ、私たちはそこでアナクの子孫を見ました。28節 

人は否定的な面に目を留め、その思いにいふけると、消極的になります。

スパイに行った12人の内の10人はマイナス面に思いを注いだので、「私たちには自分がいなごのように見えたし、彼らにもそう見えたことだろう。」33節 

「私たちはあの民のところに攻め上れない。あの民は私たちより強いから。」31節 と告白しました。

しかし、ヨシュアカレブはマイナス面ではなくプラス面に目を注ぎました。巨人たちや巨大な城壁ではなく、乳と蜜が流れる地、肥沃な土地に目を注ぎました。

ヨシュアとカレブは全能なる神様に対する信仰がありました。

ヨシュアとカレブは積極的、肯定的な物の見方をしました。

探索した地は「すばらしく良い地だった。あの地には、乳と蜜とが流れている。」と言いました。

彼らは、神様が共いてその地に導きいれ、勝利を与えてくださることを信じました。

そして、カレブがモーセの前で、民を静めて言いました。

「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」30節 民数記 13章 26-33

遣わされた偵察隊の12人の内、ヨシュアとカレブの二人だけが積極的な考え方をしました。

残りの10人が否定的な考えを持ったことは、否定的な考えになる人が多い事を表しています。

悲観論者は自分の財布に残った金額を見て、「もう半分しか残っていない。」と言いますが、積極思考者は「まだ、半分も残っている。」と考えます。

信仰とはマイナス面ではなく、プラス面を見ることです。

聖書はピリピ4:8で「最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべてのきよいこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。」と述べています。

発明王のトマスエジソン「電球を発明するのに1000回の実験を失敗したのではなく、1000の成功へのステップを発見した。」と言いました。

信仰は地上から見るのではなく、空から見るようなものです。

人間的な目で見るのではなく、全能の神様の目で見るようなものです。

信仰の目で見れば、山の向こうにあること、先のこと、未来、将来のことが素晴らしく見えるのです。

信仰とは神様がともにいてくださり、不可能に見えることを可能にしてくださると信じることです。

日向にある草木は成長しますが、日陰にある草木はあまり成長しません。

人も同じです。

明るい出来事に思いを寄せる人、プラス思考の人は成長し、繁栄します。

「信仰は望んでいる事柄を保証し、目に見えないものを確信させるものです。」ヘブル 11:1

「神が私たちの味方なら、誰が私たちに敵対できるでしょうか。」ローマ8:31

結果として、プラス思考を持ったヨシアとカレブが信じた通り、巨大な城壁を持ち、巨人がいる敵を打ち破り、乳と蜜の流れる豊かな地を勝ち取りました。

奥平

An employee said to his superior, “I have a problem.” The response came back, “Don`t think of it as a problem but rather as a chance.” “In that case I have the chance to go for a drink tonight.”

The men who were sent out by Moses to check out the land of Canaan returned after 40 days of thorough research and gave their report to Moses. Numbers 13:17-33.

Their report contained both good and bad points. On the positive side, the land was “flowing with milk and honey.” Also, the fruit was so big that two men had to carry a single bunch of grapes slung over a pole. “We went into the land to which you sent us and it does flow with milk and honey! Here is its fruit!” v.27.

On the negative side, the people who lived in the land were tall and looked powerful and there were giants there. As well as that, the cities were well fortified and difficult to attack. “The people who live there are powerful, and the cities are well fortified and large. We even saw descendants of Anak there.” v.28. When people keep looking at the negative side they become overwhelmed and consequently negative. Of the 12 men who went to spy out the land, 10 kept their eyes on the negative points only and declared, “We seemed like grasshoppers in our own eyes, and we looked the same to them.” v.33

“We can`t attack those people; they are stronger than we are.” v.31.

However, Joshua and Caleb kept their eyes on the positive points. They did not major on the giants but rather on the fact that it was a fertile land flowing with milk and honey. Joshua and Caleb both had faith in their powerful God. Both of them were positive and forward-looking. They focused on the fact that it was a wonderful land flowing with milk and honey. They believed that God would go together with them and give them victory. Caleb hushed the people and told them, “We should go up and take possession of the land, for we can certainly do it.” v.30.

Of the twelve men who went up to check out the land, only Joshua and Caleb were positive in their thinking. Possibly the fact that ten men all gave a negative report shows us that generally more people see events in a negative light. A negative person looks in their wallet and says, “Only half of the money is left” whereas a positive person says “Half of the money is still left.” Faith allows us to see the positive side rather than the negative side of something.

Paul encourages us in Philippians 4:8, “Whatever is true, whatever is noble, whatever is right, whatever is pure, whatever is lovely, whatever is admirable – if anything is excellent or praiseworthy – think about such things.” The famous inventor, Thomas Edison said, "I didn’t fail 1,000 times. The light bulb was an invention with 1,000 steps."

Faith is like looking from heaven rather than looking from the earth. Instead of looking just from a human perspective faith involves seeing things from God`s perspective. If we can view things with the eye of faith things on the other side of the mountain, things ahead, the future will appear in a more positive light. Faith is to believe that God is with us and to believe that He will make that which appears impossible, possible. Vegetation in the sunlight grows more than that in the shade. We humans are also the same. If we focus on the positive we will grow and mature.

“Faith is being sure of what we hope for and certain of what we do not see.” Hebrews 11:1. “If God is for us, who can be against us/” Romans 8.31.

As a result, Joshua and Caleb, just as they believed, were able to defeat even the giants, see the city`s defences fall and make the land flowing with milk and honey their own.

Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.