恵みの日々

365 Days of Blessing

「思い切った決断」Decision making

アメリカ南北戦争の時、ある男は北軍につくか、南軍につくか迷いました。彼は、決めかねて、北軍の上着を着て、南軍のズボンをはいて、戦場に行ったら、南軍と北軍の両方から一斉射撃されました。

人生は決断の連続であると言っても過言ではありません。毎日、食事は何にするか、暇な時間をどう過ごすかなどの些細な決断から、結婚、就職、転職、海外移住など自分の人生を大きく左右する重要な決断をします。それで、良い決断をするか、悪い決断をするかで、幸福な人生を歩むか不幸な人生を歩むかが決まります。「チャンスではなく、チョイス(選択)が人間の運命を決める」のです。

四人のライ病人は、飢饉で食べ物がなく、飢え死にするところでした。最初の事実は「じっとして、ここにいたら、野垂れ死にする。」でした。それで、「いっそのこと敵の陣地へ行ってみよう。」と考えました。

しかし、敵地に行けば、殺される可能性がある。同様に「もしかしたら、食べ物にありつけるかもしれない。」と言う可能性もある。町に行ってもみんな飢饉で食べ物が無く苦しんでいる。列王記Ⅱ 7:3,4 

それで、「居続けるか」、「町に入るか」、「敵陣に前進するか」三つに一つを選ぶ決断をしました。どの行動が最も益になるか、正しいかを秤にかけて、決めました。直感で決める人もいますが、理性を働かせ慎重に選んだ方が安全です。敵陣に行けば、殺さる確率が高いが、わずかではあるが生きられる可能性が有る。

彼らは、生きられる可能性に賭けました。人生は「賭け」と言っても過言ではないかもしれません。

このように、決断する時には、良識を持って、頭を使い、客観的に冷静に考え状況を判断することが大事です。欲望に駆られて、目先のことに捕らわれて、決断し行動すると、後で後悔することが多いです。

その選択は長期的に見て、根本的に大事であるか、心に平安があるかを考えるべきです。

そして、敵のアラム人の陣地へ向かって歩き、たどり着きました。すると、どういうことでしょうか。敵は全く姿を消していたのです。

神様が不思議な奇跡を起こしてくださったのです。 勇気ある決断が奇跡を起こしました。彼らの歩く足音が、馬と、戦車の走る音に聞こえたのです。敵のアラム人たちは、イスラエルの大群が他国の援軍を呼び、攻めて来たと思い、慌てて、食糧を置き去りにして、逃げたのです。四人のライ病人は、有り余る食料を手にすることができました。7:5‐7

思い切って、困難、危険を覚悟して、前進することを決断するには勇気が要ります。

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。- ヘレン・ケラー 

四人のライ病人たちは、殺されるかもしれないが、勇気を持って前進しました。

人生は一度しかありません。このままの生き方では進歩がないと思えば、勇気をもって、違ったことにチャレンジして見ることです。私は26年前に、仕事も決まっていないのに、思い切って、家族を連れニュージーランドに移住しました。21年間のNZでの生活を通して多くの貴重な体験を積むことができました。

苦しみ、危険、困難を避けて、安全、安楽、容易、快楽の道を願って進むと成功できず、失敗するものです。

神のため、他者のために生きる決断をすると、不思議と奇跡が起こり祝福されます。

狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこからはいって行く者が多いのです。マタイ7:13 

豊かな国に住み、経済的にゆとりのある人はそれだけ選択の自由が多いです。しかし、貧しい、不遇な環境にある人は選択権が少ないです。しかし、誰にでも、神を信じる選択権は与えられています。人生は一度しかありません。いつ死があるか分かりません。正しいと思ったら今日、思い切って決断して、行動を開始しましょう。

確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。IIコリント6:2

During the Civil War, one man could not decide which side to support so he put on the jacket of the Northern side and the trousers of the Southern side. The result was that, when he stepped out onto the battlefield, he was shot at from both sides!

It is no exaggeration to say that life involves non-stop decision making. Every day we make trivial decisions as to what to eat, what to wear and what to do. There are also life-changing decisions we must make regarding, marriage, employment, whether to change jobs and whether to move overseas or not. Whether our lives are blessed or not hinges on whether we make good decisions at these important times. `It is not chance but choice which decides our destiny.`

The four lepers in our story today were faced with death by starvation because of famine. Their first thought was that they would die if they went in to the city so they decided that they might as well go over to the camp of the enemy. They knew that there was a chance that they might be killed by the enemy. However, there was also the chance that they would find food there. Even if they went in to the city they knew they would suffer because of the famine. II Kings 7:3,4. They were faced with three choices: to stay at the gate of the city, to go in to the city or to go over to the enemy camp. They weighed up their options as to which would the best, most beneficial choice. Some people depend on intuition but it is safer to reason carefully. There was a great possibility of facing death by going to the enemy camp but there was also some chance of surviving.

They chose the chance of survival. A lot of life involves risk-taking. When we must make a decision we should think carefully, use common sense and consider the situation calmly and objectively. We often regret our decisions if we consider only our own desires and do not look past what is right before us.

We should consider the long-term effects of the decision and whether or not we have peace in our hearts.

The four men started walking and arrived at the Aramean camp. What did they find? There was no-one there! God had performed an amazing miracle. Their courageous decision had resulted in a miracle. The four men`s footsteps had sounded like the sound of a great army to the enemy. The Aramean army thought that the Israelites had joined with other armies and come to attack them. They panicked and ran off leaving everything behind. II Kings 7:5-7.

It takes courage to go forward when we are faced with crises and problems. Helen Keller said, “Life is either a daring adventure or nothing.” The four men knew that they might be killed but still bravely went ahead. We only live once. If we feel we are not making progress in life maybe it is time to bravely challenge something new. Twenty-six years ago, even though I had not secured a job, I dared to move from Japan to New Zealand with my family. I had many different experiences during my twenty-one years in New Zealand.

If we try to avoid hardships and difficulties and always take the easy, safe path we may not progress as we should. When we decide to live for God and for others we will be blessed and miraculous things may happen. “Enter through the narrow gate. For wide is the gate and broad is the road that leads to destruction, and many enter through it.” Matthew 7:13. People living in a prosperous country who are relatively well-off have many options available to them. Those in a poorer country without material benefits have fewer choices. However, regardless of our personal situation, we all have the freedom to choose to believe in God. None of us know how long our lives will be. If we think that it is right we should go for it today. “Now is the time of God`s favour, now is the day of salvation.” II Corinthians 6:2.

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.