恵みの日々

365 Days of Blessing

栄光は神に Give Glory to God


ある池が日照り続きで、池の中の水が少なくなり、アヒルたちは困りはじめまして、それで、もっと水が多い池に移ろうと話し合いました。

「でも、私たち簡単に飛んで行けるが、カエルさんたちは可哀想ね。」と思い、二匹のアヒルは口ばしに棒を咥えて、カエルに棒を口で咥えさせて飛び立ちました。

カエルを助けて飛んでいるアヒルたちを見上げて、農夫は「すごいアイデアだね、誰が考えたんだい。」と叫ぶと、カエルは得意になって「僕だよ。」と言った、とたん、真っ逆さまに落ちて死んでしまいました。

Due to the continuing dry weather, the water in a certain pond was drying up. The ducks who lived there were concerned and discussed about going to a place with more water. “We`re okay because we can fly there but what about the frogs that live here?”they wondered. Two ducks between them held a stick in their beaks and a frog clutched on to the stick with its mouth. A farmer looking up at this amazing sight exclaimed, “What a brilliant idea! Who thought of it?” The frog proudly shouted, “I did!” The moment he opened his mouth, he lost his grip on the stick and fell to his death.

主の祈りの結びは「国と力と栄はとこしえにあなたのものだからです。アーメン」マタイ6:13 です。

祈りの最後は、栄光を神に帰するように祈ります。

「主の祈り」の初めは「御名をあがめさせ給えと。」

天地創造主なる神を褒め称えることで始まり、終りは再び「国と力と栄」が神にありますようにと、神様に栄光を帰すことで祈りを終わります。

栄光を神に帰することがどんなに大事であるかということです。

The Lord`s Prayer concludes with, “For yours is the kingdom and the power and the glory forever. Amen.” Matthew 6:13. The end of the prayer reminds us to give all the glory to God the Creator of all. The prayer begins with “Hallowed be Your Name” and again at the end it gives praise to God. This repetition shows us just how important it is to give glory to God.

栄光を神に帰さないで自分のものとすると高慢の罪に陥り滅びを招く結果となります。聖書は、「高ぶりは滅びの原因である。」ことを語っています。

「高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。」箴言16:18

「人の心の高慢は破滅に先立ち、謙遜は栄誉に先立つ」箴言18:12

高ぶると身の破滅を招きます。

聖書の中には、パリサイ人と言う宗教家たちは、会堂や人の見えるところで褒められるために献金をしたり、通りで長い祈りをしたりしました。

イエス・キリストは「誰でも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる。」ルカ18:14 と言っています。

If we do not give glory to God and take the credit for ourselves, we fall into the sin of pride which has dire consequences. The Bible teaches us that pride is the root cause of destruction. “Pride goes before destruction, a haughty spirit before a fall.” Proverbs 16:18. “Before his downfall a man`s heart is proud, but humility comes before honour.” Proverbs 18:12. Pride invites ruin.

We meet the religious leaders of Jesus` day, the Pharisees, in the Bible. In order to be praised by others they prayed long prayers in public and gave money to the temple so that they could be seen. Jesus said, “Everyone who exalts himself will be humbled, and he who humbles himself will be exalted.” Luke 18:14.

高慢な人は嫌われます。自分は他人よりも優れた偉い人間だと誇り、相手を見下す人間は嫌われて、当たり前です。

人はそれぞれ、皆ある種の自尊心を持っていますから、見下されて良い気持ちになる人は誰もいません。

高慢になれば、サタンからの罠にはまり破局に至ります。

それだけではありません。

高慢な人は人々から嫌われ、軽蔑されるばかりか、もっと大事なことは、神は高慢な人を嫌い、低くするという事です。

高慢になれば、神様の祝福は去ります。

Proud people are not liked. It is natural that a person who thinks they are better than and looks down on others should be disliked. Everybody has a degree of self-respect so nobody likes to be looked down on by another. If we become proud we fall into Satan`s trap which leads to destruction. Not only that. A proud person is not only disliked and scorned by others but even more importantly, God does not like pride and will bring a proud person down. God`s blessing leaves in the presence of pride.

サウロ王は高慢になり、神の命令を守らず、王であるのに祭司の務めまで行おうとして自分の立場をわきまえなかったので、失脚したのです。

それに比べ、ダビデは謙遜に神に仕え、王に仕えたので、祝福され、偉大な王になりました。

「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」

「主の御前でへり下りなさい。そうすれば、主が、あなたを高くしてくださいます。」ヤコブ 4:6,10

ある若者が銀行強盗をして、巨万の富を手にしました。

しかし、それを誇って、Youtube に載せたために、警察に見つかり逮捕され、刑務所に入れられました。

King Saul became proud, disobeyed God, forgot his position and tried to take on the role of a priest and as a result had the kingship taken away from him. Compared with him, David served God and the king humbly, was blessed and eventually became a great king. “God opposes the proud but gives grace to the humble. Humble yourselves before the Lord, and He will lift you up.” James 4:6, 10.

A young man robbed a bank of a large amount of money and was so proud of his achievement he put it on Youtube. The police saw it and arrested him and put him in prison.

神様は栄光を自分のものにして高ぶるものを嫌いますが、栄光を神様に帰して謙遜に歩む人を愛してくださいます。

聖書に登場する人物のなかで、バプテスマのヨハネは神に多く栄光を帰しました。

彼は自分の後に来るイエス様に常に栄光を帰して、自分は人々をイエス様に導く者として仕えました。

彼はイエス様を証するために来ました。彼は自分の立場をわきまえていました。

自分の使命は自分の後に来るメシアの道を備えるためでした。

そして、「見よ。世の罪を取り除く、神の子羊」と言って民衆をイエス様に導いたのです。

God dislikes those who take the glory to themselves but loves those who humbly give the glory to God. John the Baptist, who appears in the Bible, was one who gave the glory to God. He gave glory to Jesus who was to come after him and pointed others to Jesus rather than to himself. He knew that he came to give testimony to Jesus. He recognized his own position. He knew that his calling was to prepare the way for the Messiah who would come after him. He led the crowds to Jesus saying, “Behold, the Lamb of God, who takes away the sin of the world!” John 1:29.

人間は神に栄光を帰すように造られました。自らを高くする者は低くされます。

高ぶりは破滅に先立ちます。謙遜に仕え、神に栄光を帰す人は祝され、高くされます

We have been created in order to give glory to God. Those who exalt themselves will be brought down. Those who humbly serve God and give Him all the glory will be exalted.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.