恵みの日々

365 Days of Blessing

ブレーキ Handbrake


車のサイドブレーキをかけっぱなしで、車を発進させたことがありますか?

数キロ走って、車が重く、速く進まないので、変だと気が付くのです。

「あっ、しまった。」と思います。

これは、ブレーキパッドを消耗させ、減らすばかりでなく、ガソリンは食い、エンジンに負担をかけます。

車にとって良くありません。

ブレーキをかけながら走れば、その負担は大きいです。

Have you ever driven the car with the hand brake on? You drive for a while and notice that the car seems heavy, is not going as fast as usual and kind of strange. "Oh, no, what have I done!" you exclaim to yourself. Not only does this wear the brake pads down but it also chews up extra gasoline and puts a strain on the engine. It's not good for the car. Driving with the handbrake on puts a burden on the engine.

しかし、私たちは、これに似たことを多く人生でしてしまいます。

過去の過ち、失敗、傷に思い悩まされ、なかなか前に進まない時があります。

聖書はこのようなブレーキになる過去の罪、忌まわしい出来事から目を離し、肯定的な目標に目を留めることの大切さを説いています。

However, we often do something like this in life. There are times when we can't seem to move forward because of worrying about things we've done wrong in the past, mistakes, times we've been hurt. The Bible tells us that it is important to stop looking at mistakes and bad experiences from the past which act like a brake, and to turn our eyes to positive goals.

「この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」— ピリピ 3:13-14

「私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競争を忍耐をもって走り続けようではありませんか。」— ヘブル 12:1

"This one thing I do: forgetting what is behind and straining toward what is ahead, I press on toward the goal to win the prize for which God has called me heavenward in Christ Jesus." — Philippians 3:13-14

"Let us throw off everything that hinders and the sin that does so easily entangle, and let us run with perseverance the race marked out for us." — Hebrews 12:1

奥平和明 Kazuaki Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.