恵みの日々

365 Days of Blessing

妥協しない No Compromise


アメリカ人夫婦の夫は新しいボートが欲しいと毎日しつこく子供のように願うのでついに、妻は妥協して、そのボートに名前を付けることを条件として、夫がボートを買うことを許可しました。夫は、夫婦が汗水流して溜めた貯金を下ろして、美しいボートを買いました。その名前は「For Sale」(売り物)とついていました。そしてその下に連絡先の電話番号が書かれていました。アメリカでは個人売買が盛んです。

このジョークの夫婦の場合のように人生には衝突を避けるために、妥協すべき時があります。

その反対に、良心を偽って悪いことには妥協すべきできない時があります。

モーセはパロが打ち出した妥協案を拒否しました。

妥協すれば、奴隷の身分のままで苦しみ、真の神を自由に礼拝することができなくなるからです。

1. 〔妥協案その一〕 8章25~27節「行ってもよいが、あまり遠くへ行くな」

アブの襲撃で苦しんだパロはモーセとアロンを呼び寄せて「さあ、この国内でおまえたちの神にいけにえをささげよ。私は、おまえたちを行かせよう。おまえたちは 荒野でおまえたちの神、主にいけにえをささげるがよい。ただ、決して遠くへ行ってはならない。私のために祈ってくれ。」出エジプト8:28

これを現代風に言うと「あなたたちが、それほど言うならあなた方の神を礼拝することを許す。但し、そんなに熱狂的狂信的になる必要はない。」

悪魔は巧妙です。「そんなに熱心になって、聖書を読み、祈り、教会に行く必要はありません。一般の人々のように、適当にこの世の歓楽を楽しんで生きなさい。」と耳にささやきます。

私は神学校に行くことを決心した時に、母に言われました。

「クリスチャンに成ることは許しますが、そんなに熱心になって神学校にまで入る必要はありません。お父さんも、お母さんもあなたがそんな変わった道に行かないで、普通の人になってくれればいいのです。」  

2.[妥協案その二〕10章8~11節「壮年の男だけ行け」

「行け。おまえたちの神、主に仕えよ。だが、いったいだれが行くのか。‥‥さあ、壮年の男だけ行って、主に仕えよ。それがおまえたちの求めていることだ。」つまり、「壮年以外の年配者、女、子供たちは残りなさい。」と言っているのです。

悪魔は家族を分断して神を礼拝させないようにします。

パロは「壮年だけ行って主に仕えよ。」と言って妥協させようとしましたが、信仰は家族全員が団結して守り通すべきもので、妥協はできません。

ヨシュアは民に向かって、「‥…今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」ヨシュア記24:15 と言いました。

3. 〔妥協案その三〕10章24~26節「行け。主に仕えよ。ただ羊と牛とは置いていけ。」

パロはモーセを呼び寄せて言った。この妥協案の前には、モーセは闇の災いを起こします。

「あなた自身が私たちの手に生け贄と、全焼の生け贄を与えて、私たちの神、主にささげさせなければなりません。私たちは家畜もいっしょに連れて行きます‥‥‥」                              今日に当てはめれば、「信仰を守るのはいいが、聖書は置いて行きなさい。聖書を持っていってはいけない。」などと条件を付けるようなものです。

「この世と調子を合わせてはいけません。‥‥心の一新によって自分を変えなさい。」ローマ12:2

妥協しないで生きるには勇気、信仰が要求されます

モーセはパロの妥協の申し出に応じませんでした。

応じていれば、イスラエルの民はいつまでもエジプトで奴隷として生きていかなければならなかったでしょう。

モーセのように神様がともにおられ、奇跡を起こして守ってくださることを信じ、妥協しないで 前進しましょう

The husband of an American couple went on every day to his wife about much he wanted to get a boat. At last, she gave in and said that he could buy one on the condition that she would name it. He took out all the money that they had worked very hard to save and bought a beautiful boat. She named it “For Sale” and wrote their phone number below the name. Private sales are very popular in the US.

Just as with the couple in this joke there are times when we must compromise in order to avoid a quarrel. On the other hand, if something bad which goes against our conscience is involved we must not compromise. Moses did not accept Pharaoh`s compromise solution. If he did compromise, the Israelites would have remained in their painful position as slaves and would have been unable to freely worship their God.

1. The first compromise. Exodus 8:25-27. “You can go but not far.” After the plague of flies, Pharaoh called Moses and Aaron and said, “I will let you go to offer sacrifices to the Lord your God in the desert, but you must not go very far. Now pray for me.” Exodus 8:28. In more modern language: “If you keep on and on like that then you may worship. However, it is not necessary for you to become fanatical about it.” Satan is very sneaky. He whispers in our ears, “You don`t need to read your Bible or pray or go to church that much. Just enjoy life as all the people around about you are doing.” When I made the decision to go to Bible School my mother said, “We`ll allow you to be a Christian but there is no need to go as far as entering a Bible School. Both your father and I just want you to be like others and not do something so different.”

2. The second compromise Chapter10:8-11. “Go, worship the Lord your God. But just who will be going? …Have only the men go; and worship the Lord, since that is what you have been asking for.” In other words, “women and children must stay.” Satan tries to separate families so that the whole family does not worship God. By saying `only the men can go` Pharaoh is trying to make them compromise but faith is something that all the family should hold on to together and there can be no compromise. Joshua challenged the Israelites saying, “Choose today who you will serve, the gods of the Amorites in whose land you are living if you want. But as for me and my house, we will serve the Lord.” Joshua 24:15.

3.The third compromise. Chapter 10:24-26. “Okay, you can go and worship but leave your animals behind,” Pharaoh said when he summoned Moses and Aaron again. Before he suggested this compromise, Pharaoh had suffered through a plague of darkness. Moses replied, “You must allow us to have sacrifices to offer to our God. Our livestock must go with us.” If we apply this to today it could mean; “You can have your faith but leave your Bible behind, you cannot take it with you.” “Do not conform any longer to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind.” Romans 12:2.

Courage and faith are necessary in order to live without compromise. Moses did not give in to the compromises Pharaoh suggested. If he had succumbed, the Israelites would have had to continue as slaves for a long time. Let us be like Moses and without compromise believe that the miracle-working God who protects us is always with us.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.