恵みの日々

365 Days of Blessing

2017年を振り返って Reflecting on 2017


Aさんが1917年を振り返って、「良かったことは病気をしなかったこと、悪かったことは投資に失敗して200万円を損したこと。それで悔しくて夜も眠れないんだ。」と告白したら、Bさんが言いました。

「200万円の損ぐらいなんだ、もっと気持ちを大きく持て。俺なんか火事で家を失っても、感謝して、平気で毎晩ぐっすり眠れるぞ。」

するとCさんがBさんに言いました。「そんなに威張るな、それもそのはず、火災保険の2億円が転がり込んで来たからだろ。」

Looking back over 2017 Mr.A said, “The good thing was that I did not get sick at all but the bad thing was that I made a bad investment and lost $200,000.I`m so annoyed that I can`t sleep at night.” “That`s nothing! Be more positive!” Mr.B replied. “I lost my house in a fire but I can still be thankful and sleep like a baby every night!”Mr.C responded, “Stop your boasting! Of course you can sleep. You received $2,000,000,000 from the insurance on the house.”

さて、今年を振り返って、いろいろ嬉しいことも、悲しいこともあったでしょう。それらを思って、まず、

1.神様に感謝しましょう。 

聖歌に「数えて見よ、主の恵み」と言う歌があるように神様の日々の恵みを感謝して生きることは大切です。

人間は罪深く直ぐに感謝の心を失くして、愚痴、不平不満を言います。

終わりの時代には「感謝をすることを知らない者」が増えます。

今年を振り返って、良き出来事を思い感謝しましょう。テモテII 3:2

感謝すればするほど、思いは天に引き上げられ、恵まれます。

パウロとシラスは伝道していたら迫害され、鞭打たれ牢屋に入れられました。

しかし、それでも、神様に感謝し、賛美しました。

すると、不思議と大地震が起こり、牢屋の扉は開き、囚人のたちの鎖が解けました。

彼らは牢から出ることができたばかりか、看守と看守の家族は全部、この出来事を通して主イエスを信じ、救われ、バプテスマを受けました。使徒16:24-34

聖書は述べています。「いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて、感謝しなさい、これがキリスト・イエスにあって神があなた方に望んでおられることです。I テサロニケ5:16,17,18

When we look back over the year, many different things happened. Remembering these things, let us first give thanks to God. One of the hymns we sing is “Count your many blessings”. It is important to be thankful to God every day. We humans are very quick to complain and moan and forget to be thankful. In these days it was predicted that the number of ungrateful people would increase. Let us look back over the year and give thanks for the good things that have happened.

The more we give thanks the more are hearts are uplifted and we are blessed. Paul and Silas were persecuted for preaching the gospel, flogged and thrown into prison. However, they gave thanks to God and sang praises to Him. At that exact time, there was a big earthquake, the prison doors opened and the prisoners` chains fell off. Not only were they able to get out of prison but the warden and his whole family believed in Jesus and were baptized. Acts 16:24-34.

The Bible encourages us, “Be joyful always; pray continually; give thanks in all circumstances, for this is God`s will for you in Christ Jesus.I Thessalonians 5:16, 17, 18.

2.次に犯した失敗過ち罪を思い反省悔い改めをしましょう。

そして、同じ失敗を繰り返さないことです。

賢い人は失敗から学び同じ間違いをしないばかりか、失敗を土台として成功します。

自分は大丈夫だ、既に得たと高慢にならないで、謙虚な心になり、自分の心を探り、悪い所を発見したら取り除く人は、健全に成長して実を結ぶ人生を歩みます。

ダビデ王は祈りの中で、自分の心が神に喜ばれるか吟味しています。

神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。詩篇139:23

クリスチャン生活は悔い改めの連続であり、悔い改めを通して少しずつ成長していきます。

Next, let us consider our mistakes and sins and repent of them. It is important not to repeat the same mistake over and over again. A wise person does not merely learn from their mistakes and not repeat them but uses them as a stepping stone to future growth.

We must not think that we are okay and have already attained the goal. A person who humbly searches their own heart and deals with anything that is not right will mature and have a fruitful life.

King David examined his heart to check whether or not it was pleasing to God. “Search me, O God, and know my heart; test me and know my anxious thoughts.Psalm 139:23. The Christian life is one of continual repentance. As we repent, we gradually mature.

3.過ぎたことは、どうすることもできません。ですから、思い煩わらないようにしましょう。

人は過去に戻って、やり直すことはできません。

覆水盆に返らず。」ですから、いつまでも後悔して、悔いても、それだけエネルギーの無駄になります。

過去を後悔し、思い煩うことは前に進むのにブレーキとなります。

ある人は自分が犯した過去の過ちを引きずって、自分を責め、惨めな暗い人生を歩んでいます。

後ろを向きながら前に進むことはできません。

するとイエスは彼に言われた。「だれでも、手を鋤につけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません。」ルカ 9:62

スポーツ選手は試合でミスをした時、いつまでもそのミスのことを思わないようにします。

いつまでを失敗を思うと心が動揺しプレーに影響を与えます。

強い選手は頭の切り替えが上手だと言われています。

何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。ピリピ4:6.7

We cannot change the past so let it go. We cannot go back in time and re-do what has already been done.

It is no use crying over spilt milk.” It is a waste of energy to continually go over the past. Always looking back and regretting the past, acts as a brake and hinders progress. Some people keep on dragging out errors from the past, beating themselves over the head and living in condemnation.

It is difficult to move ahead if we are continually looking back. “Jesus replied, `No one who puts his hand to the plough and looks back is fit for service in the kingdom of heaven.Luke 9:62.

Athletes must try to forget any mistake they make in a game. If they keep going over it in their mind they will lose concentration. It is said that the top athletes are able quickly to put a mistake out of their minds.

Do not be anxious about anything, but in everything, by prayer and petition, with thanksgiving, present your requests to God. And the peace of God which passes all understanding will guard your hearts and your minds in Christ Jesus.Philippians 4:6,7.

不安定な、不確かな時代にあっても、来年には、良いことが起こることを信じて前進しましょう

Let us look forward to 2018, believing that there are good things in store for us.

奥平 Okudaira

「2017年を振り返って」12月31日礼拝メッセージより 奥平牧師

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.