恵みの日々

365 Days of Blessing

姑に仕える嫁 Ruth, Who Served Her Mother-in-law


若い女性がコンピューターを使って結婚相手を探す、結婚相談所へ行きました。結婚相談所の係は「どんな人を探していますか。」と聞きました。その女性は「ええ、その人はハンサムで、礼儀正しく、ユーモアがあり、スポーツができ、知的で、歌とダンスが上手で、天気が悪い日には家にいて、一緒にいて、面白い話をして楽しませてくれ、私が休みたい時には静かにしてくれる人です。」係の人は、その情報をコンピューターに入れました。すると、解答が出たので、それをそのまま、その女性に手渡しました。その答えは「テレビを買いなさい。」でした。  

ナオミは自分の故郷、ベツレヘムでの飢饉を逃れるために夫と二人の息子とモアブという国へ移住します。

しかし、夫エリメレクが死んで母親のナオミは未亡人になり、2人の息子が残されました。

その2人の息子たちは、地元の女性と結婚しました。

ひとりの名はオルパで、もうひとりの名はルツでした。

その後、状況はさらに悪化しました。その2人の息子も死んでしまいました

それで家族は、未亡人のナオミと、死んだ二人の息子の妻たちのオルパとナオミだけになりました。

そこで、ナオミは少なくとも友人や、何人かの親戚がいる故郷のベツレヘムに帰る決心をします

ナオミの義理の娘たちオルパ、ルツの二人とも、ナオミと一緒にベツレヘムに帰ると言いました。

しかしナオミは、二人に知らない地へ行くよりも自分の故郷に残るように励ましました。

オルパは結局、言われる通りにして故郷にとどまることに同意しましたが、ルツは義理の母の元を離れようとしませんでした。

ルツはナオミの行くところに行き、そこの文化を受け入れ、ナオミが信じる神、聖書に記されている神に忠誠を言い表しました。

「‥…あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。あなたの死なれる所で私は死に、そこに葬られたいのです。‥‥」ルツ 1:16, 17

「郷に行っては、郷に従え。」と言う諺のように、その国の国民に受け入れられるためには、率先してその国の文化を自分のものとして、吸収する姿勢が大事です。

そうでなければ、自分の国にとどまり、移民すべきではないと思います。 

イスラム教徒の多量な難民の受け入れを反対する理由の一つには、イスラム教徒たちは、食事、服装などの生活習慣を、断固として守り、行先の国の文化を受け入れ、適応する姿勢が少ないからです。

使徒パウロは特定の文化に住む人々の心をつかもうとしたら、その文化に適応する大切さを語っています。

…ユダヤ人にはユダヤ人のようになりました。それはユダヤ人を獲得するためです。‥‥Iコリント 9:20  

昔、イギリスから、中国に伝道に行ったハドソンテイラーと言う宣教師は、中国人に仲間入りするために、中国人の服装をして、髪形も中国人のように弁髪をしました。

それで、彼は多くの中国人の心をとらえ、素晴らしい実のある働きをしました。

人間は誰でも人から認められ、自分を受け入れて欲しいと言う強い願望を持っています。

相手に受け入れられたいと思ったら、自分の主張ばかり通すのではなく、相手の願っていることを受け入れることです。

相手に受け入れられたいと思ったら、相手を受け入れることです。

すなわち、その人の文化、習慣を進んで受け入れることです。

自己主張が強く相手を認めない、相手を受容しない人は嫌われます。

人に愛されたいと思ったら人を愛すことです。

イエス様は「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。」と言いました。マタイ 7:12.

自己中心的で、自分が人より先に救われようとする者は、救われず、逆にルツのように自分を捨て、姑に仕え、困難に負けずに、神に自分を捧げ委ねて行く人は救われます。祝福を受けます。

自分のいのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。」マタイ 16: 25 

奥平

A young lady, wanting to find a partner, went to a marriage consulting service after searching on the internet. She was asked what kind of partner she was looking for. Her answer was, “Someone handsome, polite, with a sense of humour, athletic, intelligent, able to sing and dance. Someone who will stay with me and tell me interesting stories when the weather`s not good, and who will be quiet when I want to rest.” The consultant entered all of the information in the computer and when the answer came out of the printer , handed it to the lady. “Buy a television” was what it said.

In order to escape a famine, Naomi together with her husband and two sons, moved to Moab. While there, her husband, Elimelech died, leaving her a widow with two sons. Both sons married local girls named Orpah and Ruth. After that, her situation became even worse. Both of the sons died. The family therefore consisted of Naomi and her two daughters-in-law. Naomi made the decision to return to her hometown where at least there were some friends and relatives. Both Orpah and Ruth also said that they would go with Naomi to Bethlehem.

Naomi advised both of her daughters-in-law to stay in the familiar surroundings of their hometown rather than go to an unfamiliar place. Finally, Orpah agreed to stay in her hometown but Ruth would not leave her mother-in-law`s side. Ruth said that she would go with Naomi, accept her culture and also pledged her loyalty to Naomi`s God, the God of the Bible. “Where you go I will go, and where you stay I will stay. Your people will be my people and your God will be my God. Where you die I will die, and there I will be buried.” Ruth 1:16, 17.

As the saying goes “When in Rome, do as the Romans do” it is important when moving to a different country to be proactive in assimilating the new culture in an endeavor to be accepted. If a person does not have such an attitude it is probably better for them to remain in their own country. One of the reasons for opposition to the influx of large numbers of Muslim people is their rigid stance regarding food, customs and dress and their lack of desire to fit in with the locals. The Apostle Paul talks about the importance of endeavouring to adapt to the different culture when in a different country in an effort to reach people. “To the Jews I became like a Jew, to win the Jews.” I Corinthians 9:20. Many years ago, Hudson Taylor went as a missionary from England to China and in order to be accepted by the Chinese people, wore the same clothes as them and even grew his hair into a pigtail as they did. Because of this, he was able to reach many people and had a wonderful ministry.

All of us, no matter who we are, have a strong desire to be recognized and accepted. If we want to be recognized we cannot just force our opinions on others but need to acknowledge what they want as well. If we want to be accepted we need to accept others. This means accepting their culture and customs. Assertive people who do not accept or listen to other people are not well liked. If we want to be loved, we must love others. Jesus told us, “In everything, do to others what you would have them do to you.” Matthew 7:12.

Those who are self-centred, thinking only of their own care will miss out, while people who put others first, like Ruth who cared for her mother-in-law, was not defeated by problems and gave herself to God will be saved. They will be blessed. “For whoever wants to save his life will lose it, but whoever loses his life for Jesus` sake will find it.” Matthew 16:25.

Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.