恵みの日々

365 Days of Blessing

身代わり Scapegoat


ロック・クライミングの事故で、絶壁にロープが垂れ下がり、五人の者がそのロープにぶら下がっていました。ロープが切れそうで、誰かが犠牲にならなければ皆死んでしまう状況でした。しかし、犠牲になりたい人は誰もいませんでした。それで、一人の勇敢な若者が「私の命を捧げましょう。」と言いました。感激した他の者たちは皆、拍手してしまいました。それで、生き残ったのは「私の、命を捧げましょう」と言った若者だけでした。

モーセの最後のパロ王に対する災いは「初子が死ぬ」と言う恐ろしい物でした。

モーセは言った。「主はこう仰せられます。『真夜中ごろ、わたしはエジプトの中に出て行く。エジプトの国の初子は、王座に着くパロの初子から、ひき臼のうしろにいる女奴隷の初子、それに家畜の初子に至るまで、みな死ぬ。。』出エジプト 11:4-6

これは、他の災いと比べて、エジプト人に最も悲しみを与えるものでした。

愛なる神様が一体、全体何でこんな恐ろしいことをするのかと、思います。

しかし、ここに至るまですでに九つの災いがありましたが、パロ王の心は強情で、イスラエルの民を解放することをしませんでした。

神の代理としてたてられた、モーセの言葉に従いませんでした。

パロは拒み続けました。

神様は愛であると同時に、義なるお方です。

神様は罪を無視することはできません。

エジプト王パロが、神の前に悔い改め、イスラエルの民を行かせることをすれば、神様はこの災いを下すことを控えたことでしょう。

神の警告を無視して、聞き従わない時には容赦なく裁きが下ります。

ですから、いい加減な気持ちではなく、真剣に、真心を持って、神を恐れ、敬い、敬虔な気持ちで神の御声、戒めに聞き入ることが大切です。

神様はその災いから逃れる方法を教えました

それは羊を屠りその血を用いることでした。

「ヒソプの一束を取って、鉢の中の血に浸し、その鉢の中の血をかもいと二本の門柱につけなさい。‥… 主が…かもいと二本の門柱にある血をご覧になれば、主はその戸口を過ぎ越され、滅ぼす者があなたがたの家にはいって、打つことがないようにされる。」出エジプト 12:22, 23

エジプトでモーセの言葉に従って門に羊の血が塗られた家は神の怒りが通り過ぎ、その初子は死にませんでしたが、血が塗られていない家の初子は死にました。

バプテスマのヨハネは「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」とイエス様を指して言いました。ヨハネ 1:29

御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。ヨハネI 1:7

イエスの血が心に塗られている者は神の裁きを逃れることができます

ご承知のように、あなたがたが先祖から伝わったむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。ぺテロI 1:18,19

イエスと言う意味は、罪から民を「救う」と言う意味です。

イエスが、「民を罪から救ってくださるお方」です。マタイ 1:21

政治的に、人々を救ったり、肉体の必要を満たしたりすることよりも、人間が、罪から、救われることの方が神様にとっては大事なのです。

それは、罪が人間を不幸にする根本的な原因だからです。

さらに、罪から救われなければ、死後、天国に行けないからです。

「人がその友のために命を捨てること、これより大いなる愛はありません。」ヨハネ 15:13

イエス・キリストは自分が全人類のためにすべての人の罪を背負って、身代わりになって、死ぬことによって人類に救いの道を与えました。

モーセの言葉を信じて門柱に子羊の血を塗ったものの初子が助かったように、イエスの十字架の犠牲の死を信じる者は、イエスの十字架血が罪を清めて救われ、天国に行け、永遠の命を受けます

There was an accident while some people were rock climbing. Five were hanging off a rope attached to a crag in the rocks. The rope looked as if it were about to break so in order to save the other four it was necessary for one man to sacrifice his life. However, no-one was prepared to make that sacrifice. At last, one brave man said that he would be the one. Filled with deep emotion, the other nine clapped their hands and in so doing lost their hold on the rope. The only one who was saved was the one who had offered to be the one to sacrifice his life.

The final plague foretold by Moses to Pharaoh was that the oldest son in every family would die. “This is what the Lord says: `About midnight I will go throughout Egypt. Every firstborn son in Egypt will die, from the firstborn son of Pharaoh, who sits on the throne, to the firstborn son of the slave girl, who is at her hand mill, and all the firstborn of the cattle as well.`” Exodus 11:4-6.

Of all the plagues this is the one which brought the most sorrow to the people of Egypt. We wonder why a loving God would do such a terrible thing. Up until this point there had already been nine other plagues and each time Pharaoh had stubbornly refused to let the Israelite people go to worship God.

He refused to listen to the voice of Moses, God`s representative. He did not listen to Moses` request but continued to refuse.

God is a loving God but He is also a righteous God. He cannot ignore sin. If Egypt`s king, Pharaoh, had repented before God and allowed the Israelites to go, God would not have sent this last plague. Ignoring God`s warnings and refusing to comply leads to God`s unsparing judgement.

Therefore we should not be halfhearted in relation to God but should earnestly, wholeheartedly, with fear and reverence listen to His voice and obey His commands. God also gave a way to escape from the judgement. This involved the sacrifice of a lamb. “Take a bunch of Hyssop, dip it in the blood (of the lamb) and put some of the blood on the top and on both sides of the doorframe. When the Lord goes through the land He will see the blood on the top and the sides of the doorframe and will pass over that doorway, and He will not permit the destroyer to enter your houses and strike you down.” Exodus 12:22, 23.

All those in Egypt who took heed of Moses` admonition and put the blood on their doorposts were safe from God`s anger and their oldest son did not die but in the houses where the blood was not applied, the oldest son did die.

When John the Baptist saw Jesus coming he pointed at Him and said, “Look, the Lamb of God, who takes away the sin of the world.” John 1:29. “The blood of Jesus, God`s Son, purifies us from every sin.” I John 1:7. Those whose sin has been cleansed by the blood of Jesus will escape God`s judgement. “For you know that it was not with perishable things such as silver or gold that you were redeemed from the empty way of life handed down to you from your forefathers, but with the precious blood of Christ, a lamb without blemish and defect.” I Pater 1:18, 19. The meaning of `Jesus` is `save` people from sin. “He will save His people from their sins,” according to Matthew 1:21. Rather than helping people politically or physically God considers it more important to save us from sin. Sin is the basic reason for man`s unhappiness.

“Greater love has no man than this that one lay his life down for his friends.” John 15:13. By giving His life and shouldering all of our sins Jesus opened up the way for the salvation of the whole world.

Just as those who believed what Moses said and put blood on their doorposts did not suffer the death of their oldest son, those who believe in the sacrifice Jesus made for us, will have their sins wiped away, will go to heaven and will have eternal life.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.