恵みの日々

365 Days of Blessing

目標の設定〈2〉Setting a Goal (2)


1. 具体的であること 目標は漠然としたものではなく、具体的なものの方がいいです。

なぜなら、目標が具体的であればあるほど、狙いを定めやすくなるからです。

具体的であればあるほど、何をすべきか、進む方向が明確になり、準備しやすくなるからです。

使徒パウロは次のように言っています。 「ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方をしていません。空を打つような拳闘もしていません。」コリントI 9:26 ランナーが、決勝点が分からなかったら、どこに向かって走ってよいか分かりません。

ボクサーが試合中、空振りして空を打つ拳闘をしていれば、勝てません。

旅行するにも、行先は国だけでは十分ではありません。

例えば、行先をアメリカに決めたとしても、アメリカだけでは漠然として難しいです。

アメリカは広いです。具体的な地名がなければ難しいです。

先月参加したヨーロッパツアーも具体的な綿密な計画のもとに実行されました。

参加者は、その日ごとに何をするか、スケジュール表が与えられ、何を見物するかあらかじめ知らされ、それに従って行動しました。

具体的なプランが無かったら、何をしてよいか困ってしまったことでしょう。

そして、目標は長期的なものを作り、それをいくつかに細かく分割して、短期的な目標を作り、期限を決めると、達成しやすいです。

2. 現実的であること 「少年よ、大志を抱け。」とあるように、夢は大きい方がいいです。

しかし、極端に目標が大きすぎると計画倒れになり易いです。

聖書は「何でもあなた方の欲しいものを求めなさい。そうすれば、あなた方のためにそれがかなえられます。」ヨハネ15:7

と言っていますが、同時に、「また誰でも思うべき限度を超えて思い上がってはいけません。むしろ、神が各々に分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」ローマ12:3

とも述べています。自分を過大評価して、行き過ぎた目標を立てると、計画倒れになります。

現実を直視することが必要です。 1. Set a concrete goal. It is better if the goal is concrete rather than an abstract, airy fairy one. The more clear a goal is the easier it is to aim for. The clearer a goal is the easier it is to know what to do, which direction to head in and how to prepare. The apostle Paul talks in this way: “Therefore I do not run like a man running aimlessly; I do not fight like a man beating the air.” I Corinthians 9:26. If a runner does not know where the finish line is he will not know which direction to run in. A boxer will not be able to win if he randomly swipes at the air. When going on a trip it is generally not enough merely to know which country you will go to. For example, it is not enough to say you are going to America. That is too abstract as America is a huge country. Unless you decide on the city you will visit it is difficult to make plans. The European tour we participated in last month was planned in great detail. The participants were provided with details of what they would see and what they would do every day and followed along with the plan. If here were no clear plan it would be hard to know what to do. The goal should include long-term goals and short-term goals with anticipated dates for fulfilling these goals.

2. Set realistic goals. “Boys be ambitious!” Mr Clarke encouraged his students. A big goal is better. However, if the goal is too big and unrealistic it is easy for plans to fail. John 15:7 states, “Ask whatever you wish, and it will be given you.” At the same time Romans 12:3 warns us, “Do not think of yourself more highly than you ought, but rather think of yourself with sober judgement, in accordance with the measure of faith God has given you.” If we overestimate our abilities and set an unrealistic goal our plans may fail. It is necessary to face reality.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.