恵みの日々

365 Days of Blessing

賛美の恵み The Blessing of Praise


天地創造主なる神様に賛美することが、私達、人間が創造された目的です。

自然界のすべては、創造主なる神を褒め称えています。

海、山、川、森、はその壮大な美しさを持って、神の栄光を称えています。

花はその美しい赤白青黄色と形で、鳥はさえずり、星は輝き、「神様、あなたは偉大なお方、栄光と誉れがあなたにありますように。」と言い神を褒め称えます。

The purpose of our lives is to praise our Creator, the Lord God. All of creation praises Him. The ocean, mountains, rivers and forests all, in their indescribable beauty give the Creator praise. The radiant colors and scent of the flowers, the voices of the birds, the twinkling stars all proclaim "God, you are great and all praise and honor is yours."

しかし、悲しいことに、人間だけが神に逆らい、神を賛美する者はごくわずかです。

人間ほど知能が優れていながら、愚かな動物は他にはいないでしょう。

人類の歴史は、戦争の繰り返しで、多数の命が奪われ、都市は破壊されて来ました。

現代に至っては、核兵器を作り、北朝鮮は太平洋で水爆の核実験をすると言い、人類は滅亡の危機にさらされています。

自分で自分の首を絞める、自殺する動物は人間の他にいません。

The sad thing is that we humans have refused to acknowledge God and only a few praise Him. No other animal is so smart and yet so unwise. Mankind's history is one of war after war in which countless millions have lost their lives and their cities been destroyed. In this modern age we now have nuclear weapons and with North Korea firing missiles into the Pacific Ocean we face the threat of the decimation of the human race. No other animal sets out to destroy themselves.

私たちが美しい鳥の鳴き声を聞くと、近くに行って、もっとよく聞きたい、その鳥を見たいという気持ちになります。

それと同じように神様は、賛美する民の声を聴きに近づき、賛美する民を祝福したいと願うのです。

神様は賛美する民のもとに下って来て、賛美する者の間に住んでくださいます。(詩篇 22:3)

神様は賛美する者を喜び、愛し、祝福してくださいます。

心から賛美する民の上に神の恵みは下ります。

水蒸気が空に満ちると雲になり、雲が満ちると雨が降ります。

同じように、賛美が天に満ちると恵みの雨が降り注がれます。

When we hear a bird singing we want to get closer so we can hear it better and actually see the bird. In much the same way, when God hears us singing praises to Him He wants to get closer and bless us. God comes down to the place where His people are singing and makes their praise His habitation.

When we praise Him, God is pleased and wants to bless us. His grace is on us when we praise Him from the depths of our hearts. Just as vapor rises, becomes clouds and then at a certain point falls back to earth as rain, so our praise rises up to heaven and comes back on us as God's blessing.

初代教会のパウロとシラスはイエスによる救いを伝えていたら、迫害され、逮捕され、鞭を打たれ、牢屋に入れられました。

彼らは、義のために迫害され、正しいことをしていて、苦しみを受けました。

しかし、パウロとシラスは、神様に感謝し、真夜中に神に向かって賛美しました。

すると、突然、地震が起こり、足かせが外れ、牢屋の扉が開きました。

賛美していたら、奇跡が起こったのです。

牢屋の扉が開き、囚人たちが逃げるのを見た牢屋の番人は驚き恐れました。

囚人たちが逃げれば、番人はその責任を問われ、死刑にされます。

それで、この番人は自害しようとしました。

パウロはこれを見て、「待ちなさい、自害してはいけません。」と言いました。

番人は、「では、私が救われるにはどうしたらいいのですか。」と聞くと、パウロは「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言いました。

それで、その牢屋の番人はイエス様を信じました。

そして、家族もイエス様を信じ、その番人と家族の皆は洗礼を受けました。

彼らは生きる目的、希望、喜び、平安が与えられました。(使徒 16:22-34)

Paul and Silas, two men in the early church, were arrested, whipped and thrown into prison for preaching about Jesus Christ. They suffered even though they done nothing wrong. However, they did not complain but were heard singing praises to God in the middle of the night as they were chained in their cell. As they did this, suddenly, there was an earthquake, their chains fell off them and the prison doors opened by themselves. As they praised God a miracle took place. When he saw that the prison doors were open, the warden was terrified that the prisoners would escape. If that happened, he would be held responsible and would lose his life. He decided that it would be better for him to take his own life. When Paul told him not to harm himself the warden asked what he should do to be saved. Paul answered, "Believe in the Lord Jesus, and you will be saved - you and your household." That night, the warden and all of his family believed in Jesus and were baptized. The whole family was filled with joy, because they had come to believe in God. (Acts 16:22-34)

賛美は解放を与え、人を自由にし、救いを与えます。

ですから、たとえ賛美する気分でなくても、賛美の生け贄を捧げましょう。(ヘブル 13:15)

私たちは日々、神の恵みに支えられ生かされているのです。

神に感謝し、賛美する者となりましょう。

Praise to God brings freedom and release. Sometimes we may not be in the mood for it but we can still offer the sacrifice of praise. We are given life by God and sustained by Him each day. Let us thank Him and praise Him for His many blessings.

9月24日 礼拝メッセージより A message from a recent Sunday service, 24 September, 2017 奥平和明 Kazuaki Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.