恵みの日々

365 Days of Blessing

クリスマスに愛を The Love of Christmas


ある女性が言いました。「私はクリスマスの日に 、聖書を読んでいて、夫を愛するように示されました。」、『え、そうですか。それは良かったですね。そしてその聖書の言葉は?』、「汝の敵を愛せよ。」です。

A lady said, “I was reading the Bible on Christmas Day and realized that I need to love my husband.” “Really, that`s great! What was the verse that taught you that you should love your husband?” “Love your enemies!”

クリスマスイブの今日、一人寂しく生きる老人、独身者の数が増えているそうです。

一人だけで、一人ぼっちでクリスマスを祝うのをクリボッチと言うそうです。

Christmas Eve, a time when an increasing number of elderly people and others must spend it alone. It is a time when people particularly feel how alone they are.

人間は罪深く自己中心的になると、孤独になります。

しかし、愛に満たされれば、交流を求め、人に与えようとすることで、孤独から解放されるのです。

英国の作家チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、自己中心主義は人を孤独に追いやり、愛は人を孤独から解放することを告げています。主人公のスクルージという初老の商人で、冷酷無慈悲、エゴイストであり、愛情のかけらもなく、ひたすら金儲けのために日々を送っている人物でした。 そのため、隣人からも、取引相手の商人たちからも嫌われていました。

クリスマスイブの夜、スクルージは、7年前に亡くなった共同経営者だったマーレイ老人の亡霊の訪問を受けます。

そして、スクルージに、過去、現在、未来の自分のみじめな姿が映し出され、彼は貪欲で、自己中心の結末は人々から嫌われ、孤独に追いやられ、哀れな死に方をすることをやっと悟りました。  

そして、ついに、無慈悲なスクルージは悔い改め、親切な憐み深い人に変身します。

Because of our sinful nature, we become self-centred and this leads to loneliness. However, if we are filled with love, we seek fellowship, seek to give to others and so are freed from loneliness.

Charles Dickens well-known novel “A Christmas Carol” is a tale portraying the fact that self-centredness leads to loneliness whereas love delivers a person from such feelings.

Scrooge, the main character, is an elderly, egotistical businessman lacking in concern for others, whose only goal in life is to make more and more money. As a result of this, he is disliked by his neighbours and also by those with whom he conducts business.

On Christmas Eve, Scrooge receives a visitation from the ghost of his business partner who had died seven years before. He showed Scrooge his past, present and future self and at last Scrooge realized that his greedy, self-serving life style was making him lonely and hated and that he would die a miserable death. He repented and was changed into a kind, compassionate man.

聖書は愛の無い時代を予言しています。 

「不法がはびこるので、多くに人たちの愛は冷たくなります。」マタイ24:12

「自分を愛し、金を愛し、情け知らず」になるものが増える。テモテII.3:2,3愛が冷えると自分勝手に振舞う人が増え、争いが増し、犯罪が増え、家庭が崩壊し、孤独な者が増え、社会が不安定になり、国家が衰退します。

ローマ帝国は内側の道徳的腐敗が主な原因で滅びました。愛には力があります。

「自分自身を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい。」と言う戒めを一人一人が守れば、世の中のほとんどの問題は解決します。

人は自分が愛されていると思う時に、自分の存在感、価値観、生きがい、幸福感を感じます。誰でも愛されたい、認められたいと願います。愛を必要とします。

だれにも、愛されていないと思う時に、淋しく、孤独になります。

生きているのが空しくなります。

The Bible predicts a cold, loveless society. “Because of the increase of wickedness, the love of most will grow cold.” Matthew 24:12.

People who are “lovers of themselves, lovers of money and without love” will increase. II Timothy 3;2,3.   

When love decreases, people think only of themselves, disputes and crime increase, families disintegrate, society becomes unstable and countries decline. The number of lonely people naturally increases.

One of the main reasons for the fall of the Roman Empire was the internal decadence. There is power in love. “Love your neighbor as yourself.” Matthew 22:39 tells us. If we could all keep this commandment, most of the problems in the world would be solved. When people feel loved they gain a reason for living and a sense of contentment. We all want to be loved and recognized. We all need to be loved.

If we feel that we are not loved by anybody we feel alone and lonely. Life becomes meaningless.

「愛の光なき人生は無意味である。」とドイツの詩人シラーは言いました。

しかし、この世の中で、真の愛を探し、それを持続するのは容易ではありません。

人間は罪深く、自己中心的です。人間の愛は条件付きで、都合のいいものです。

「あなたが美人だから、優しいから、賢いからあなたを愛します。」と言う条件付きの愛です。

好感のもてない者、自分に対して、態度が悪い者、自分に危害を加える者を愛すことはできません。

しかし、神様の愛は無条件です。神の愛は「敵を」も愛する愛です。

神の愛は自分を迫害し、ののしる者を赦し、受け入れる包容力のある大きく、深く、広いものです。    

そこで、神様の愛を知ったら幸いです。

天地創造主なる神様は欠点の多い人にでも、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザヤ書 43:4 と言って下さいます。

何と嬉しい事ではないですか! あなたがどんな人であっても、神様の目には「高価で尊い。」とあなたの価値を認めてくださっているのです。

The German poet, Schiller said that life is meaningless without the light of love.

In this world though it is not easy to find the true meaning of love. We humans are all self-centred and our love is conditional. “I love you because you are beautiful, because you are kind, because you are intelligent.”

It is hard to love someone if you do not have a good impression of them or if they have a bad attitude to you or want to do harm to you.

The good news is that God`s love is unconditional. God loves even those who hate Him. God`s love is such that He forgives those who persecute and curse Him. It is an encompassing, deep, infinite love.

We are blessed if we know God`s love. The perfect Creator of all says of us imperfect humans, “You are precious and honoured in My sight and I love you. “ Isaiah 43:4. How amazing!! It does not matter what kind of person you are, God recognizes your value and says you are precious to Him.

このクリスマスに、神様の愛を知って、神様からの最高のプレゼントであるイエス様の救いを受け入れ、神に心を捧げ神の子イエス様を礼拝しましょう。

そうすれば、孤独から解放されます。愛されたければ、愛しましょう

親切にされたければ、親切にしましょう人は蒔いたものを刈り取るのです。

At this Christmas-time, may we all know God`s love, receive the greatest present of all which is the salvation offered through God`s Son Jesus, give ourselves to Him and worship Him together. If we do that we will be set free from loneliness. If you want to be loved, show love to others. If you want to be treated kindly, treat others with kindness. We all reap whatever we sow.

奥平 Okudaira

「クリスマスに愛を」 クリスマス礼拝メッセージより 奥平牧師

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.