恵みの日々

365 Days of Blessing

君もそこにいたのか Where You There?


「昨日、駅前の繁華街で、一人の若い女性が、3人の暴力団風の男に囲まれていじめられていたのを見たよ。約30人がその光景を見ていたけど誰も助けようとしなかった。でも、一人の老人が進み出て、その三人の男に注意したんだ。すると、この三人が老人に突然と襲いかかったの。やられると思ったら、老人は手に持っていた杖で、三人を見事に叩きのめしたの。すごかったよ。」

「本当にすごかったね。」

「え、君もそこにいたのか?君も、私も勇気のない傍観者だね。私はか弱い女だけど、あなたはたくましい男の自衛隊員でしょ。」

「でも、防衛庁の官舎に住んでいるから、傍観者(防官舎)なんだよ。」

“Yesterday, in front of the train station, a young woman was accosted by three men who looked like they were mafia members. There were about 30 people watching but no-one lifted a finger to help the woman. In the end, one old man stepped up and cautioned the three men. Then suddenly, the three attacked the old man. I thought it was over for him but he went at them with his walking stick and fought them off. It was amazing!” “Yeah, I thought it was great too!!” “Really? So you were watching too! We`re both cowardly bystanders aren`t we! However, I`m a weak woman but you`re a member of the tough Self Defence Force aren`t you?” “Yes, you`re right but my job is to stand by!!”

イエス・キリストが十字架にかけられた時に様々な人がいました。

それらの人々をグループに分けてみると傍観者敵対者信仰者のグループに分けられます。

傍観者は文字通り傍らで観る者です。

野次馬で、物珍しい出来事を見に集まる人々です。

十字架のもとに集まったほとんどの人々は、このグループに属します。

傍観者は外側から見つめるだけで、直接に介入することをしません。

介入すれば、責任を問われ面倒くさくなります。

関わり合いに、なりたくないのです。これは、一番楽な態度です。

決断することも、努力することも、犠牲を払うこともありません。

人は、普通、誰でも楽な道を選ぶものです。

イエスが立派な正しい人間だと聞いていても、嘲笑を止めさせようとする者はほとんどいなかったのです。

『赤信号みんなで渡れば怖くない』と言うように、大勢の者が同じ行動をとることで安心するのです。

When Jesus was put on the Cross there were a lot of people watching. These people can be divided into three groups: bystanders, enemies and believers. The bystanders were merely there watching the proceedings; rubberneckers interested in anything unusual. Probably the majority of the people who gathered around the Cross were in this group. Bystanders merely look on and do not want to get involved. If they were to get involved there would be a degree of responsibility which is too troublesome for them. They avoid involvement because that is the safest position. There is no need to make decisions, make an effort or pay a price. Most of us want to choose the easiest path. Even if they think Jesus is a good, righteous person most people will not try to stop those who ridicule Him. Just as we are not afraid if we all cross on a red light we feel more comfortable doing what everyone else is doing.

聖書は「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そしてそこから入っていくものが多いのです。」と言っています。 マタイ 7:13

しかし、傍観者が多ければ、犠牲者が出ます。

The Bible tells us “Enter through the narrow gate. For wide is the gate and broad is the road that leads to destruction, and many enter through it.” Matthew 7:13. When there are a lot of bystanders there will be some sacrificed.

日本の小、中学校でもいじめが頻繁に起こり、いじめに耐えられず自殺をする生徒が後を絶ちません。

文部省の調査によると、昨年の小中高生の自殺者数は、320名で、そのうち23人が、いじめが原因で自殺しました。

中学校、高校の場合はその場に居合わせて、いじめを見た時の対応は、ほとんどの生徒が、見て見ぬふりをして無関心の態度を取ります。

傍観者が一番多いのです。

A lot of bullying takes place in schools in Japan and there is often news of a student who has committed suicide because they could not stand the bullying any more. According to the Ministry of Education, 320 students committed suicide last year and 23 of those were because of bullying. Even if they observe bullying, most students pretend they do not know what is happening and that it does not concern them. Bystanders are the most numerous.

しかし、勇気のある人もいます。

イエスを磔にした百人隊長は、イエスを「この方は真に神の子であった。」と言っています。

信仰告白して、クリスチャンに成れば、迫害され、百人隊長の仕事を止めされかもしれません。

議員ヨセフニコデモはイエスの遺体を葬りました。 

ヨセフとニコデモは、ユダヤの最高議会のメンバーでしたが、隠れクリスチャンで、他の最高議会の者のようにイエスを迫害し殺す悪巧みには加わりませんでした。

二人とも、イエスを憎み、イエスを迫害するユダヤの最高議会の議員であるためにイエスに好意的になり、イエスの遺体を葬ることは危険でした。

ヨセフは危険を冒して、イエスの遺体の下げ渡しを総督ピラトに願い出ました。

それで、丁寧に葬ることが許されました。

イエスの十字架での出来事は、私たちを変える力です。

十字架でのイエスの死は、強盗を悔い改めに導き、百人隊長を信仰に導き、ユダヤの議員に信仰の決断を与えました。

However, there are some courageous people. The centurion who crucified Jesus said, “Surely He was the Son of God!” He knew that by declaring his faith he would be persecuted and even possibly lose his job as centurion.

Joseph, a member of the Council, and Nicodemus took Jesus` body and buried Him. Both Joseph and Nicodemus were members of the Jewish ruling council who secretly believed Jesus and did not condone the plan by the rest of the Council to kill Jesus. As members of the Council of men who hated Jesus and persecuted Him it was dangerous for Joseph and Nicodemus to side with Jesus and bury Him. Joseph risked the danger and went to Pilate to ask for the body of Jesus. He was given permission to give Jesus a proper burial. What took place on the Cross has the power to change us. Jesus` death on the Cross lead to repentance for the thief, belief for the centurion and a bold decision for the Council members.

「君もそこにいたのか ?」と言う質問に対して、「はい、確かにいました。」と答えが返ってきます。 歴史的に、二千年以上も前にイエスがかけられた十字架のもとにいることは不可能です。

しかし、私たちも十字架の周りにいた誰かとは類似するのです。

あなたはこれらの傍観者、敵対者、信仰者の人々のどの部類の人に属しますか?

聖書はイエス・キリストに対する態度が、永遠の命を受け継ぐか否かを決定すると語っています。

To the question “Where you there?” the answer comes back clearly “Yes, I was there!” Of course, it is impossible for us to be there at the crucifixion which took place 2000 years ago. However, all of us fit into one of the three groups around the Cross. Which group do you identify with: the impartial bystanders, the enemies or the believers? The Bible reminds us that our attitude to Jesus determines whether or not we receive eternal life.

願わくば、「この方は真に神の子であった。」と告白した百人隊長のような信仰者でありますように。

My prayer is that everyone here would declare with the centurion that “Jesus is certainly the Son of the Living God.”

奥平 Okudaira

「君もそこにいたのか」 3月25日礼拝メッセージより 奥平牧師

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.