恵みの日々

365 Days of Blessing

クリスマスと礼拝 Worship at Christmas


五才の健太君はクリスマスの日に「サタンさん、自転車のプレゼントはどこ?」と言いました。それを聞いたお母さんは「サタンじゃなくてサンタさんでしょ。」と言いました。すると健太君が、「だってこのサンタさんは約束を守らなかった。嘘つきだもん。お父さんがサタンは良く嘘をつくと言ってたよ。」 

日本ではクリスマスには、イルミネーションやツリーで飾られた街に行き、ジングルベルの歌を聞きながら、ショッピングし、クリスマスケーキを買って家で家族と食べたり、クリスマスパーテイをして騒いだりします。

クリスマスは神の独子イエス・キリストの誕生を祝う日です。

三人の賢者(博士)もイェス様の誕生を祝うために東方からやって来ました。

そして、イエス様に黄金、乳香、没薬を捧げ、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して礼拝しました。

そこで、クリスマスに本来私たちがすべきことは、クリスマスパーテイよりも、クリスマスショッピングよりも、神の子イエスを礼拝することです。

礼拝とは前にかがみ、ひれ伏し拝む、ことです。東方から来た三人賢者たちはひれ伏して拝みました。

ひれ伏して拝むことはその対象に対して、尊敬、畏敬の念を持っていることを表します。

ですから、礼拝の第一の意味は神の存在を意識して神を敬うことです。

それは、信仰から始まります。

神の存在を信じない者は神を畏れ敬うことはできません。

「霊と真をもって」心から神を敬うためには、初めに神を信じなければなりません。

信仰心が無ければ真の礼拝を捧げることはできません。

聖書は「人は、礼拝する時に、天地創造主なる神に対して、尊敬の心を、畏敬の念を持つべきだ。」と教えています。

神を敬う人は、神様もその人を敬ってくださいます。

「私は私を尊ぶ者を尊ぶ、私をさげすむ者は軽んじられる。」サムエルI. 2:30

第二に、神を礼拝することは神に感謝を捧げることです。

「すべてのことに感謝しなさい。これがキリスト・イエスにあって、神が、あなた方に望んでおられることです。」テサロニケI. 5:18 

考えてみれば、は神から授かったものです。健康も神の恵みによって与えられているものです。 

一般に、人は自分で仕事して、働いて稼いだお金は自分のものだと思います。

しかし、深く考えてみれば、健康であるから働けるのであって、運悪く病気になれば働けなくなるわけです。感謝の祈りをささげ、神に賛美する時、神の祝福をうけます。

平安、喜びを体験します。

第三捧げ物をすることです。博士たちは、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬の贈り物を捧げました。クリスマスにはよく教会ではクリスマス感謝特別献金をします。乳香は祈りの時に使われ、没薬は埋葬するときに体に塗られました。ですから、捧げるものは金銭の他に、祈り、体(暴飲暴食、不品行等に使われるのではなく人を助け神に栄光を帰するために用いる)です。

クリスマスにはプレゼントをします。私たちもこのクリスマスの時に、神様に献金を捧げ、祈り、自分の体を神様の栄光のために捧げましょう。

神様はクリスマスに最高のプレゼントである御子イエスの救いを与えて下さいました。

この救いを得ると、いつ死んでも天国に行ける永遠の命と、地上ではこの世では得ることのできない平安、喜びが与えられます。

クリスマスは神の子イエスを礼拝する時です。礼拝することは、神を敬い、神に感謝し、神に祈り、自分の持てる物、金銭、体、心を喜んで捧げることを意味します。

On Christmas Day five-year-old Ken said, “Satan, where`s the gift of my bicycle?” Shocked, his mother cried, “You mean Santa not Satan don`t you?” To this Ken replied, “But Santa doesn`t keep his promise and bring me what I ask for! He`s a liar and Daddy told me that Satan is a liar!”

In Japan at Christmastime, the streets are decorated with lights and trees, the song Jingle Bells can be heard wafting on the air as people go shopping and buy Christmas cake to eat at home with their families and have a party. Christmas is actually the time when we celebrate the birth of Jesus Christ。Three wise men too came from far away in the east to worship Jesus. They offered gifts of gold, frankincense and myrrh and “when they saw the child with His mother Mary, they bowed down and worshipped Him.” This teaches us what is important for us to do at Christmastime. More than having Christmas parties and more than doing Christmas shopping we should worship Jesus the Son of God. Worship is to kneel or bow down in adoration of someone. We are told that the wise men “bowed down.” Kneeling or bowing down shows that we have respect and reverence for the person to whom we are bowing.

The first meaning of worship is to be aware of God and show reverence for Him. This begins with faith. Those who do not believe in the existence of God are not able to worship him. In order to honour God “in spirit and in truth” we must believe that He is. If we do not have faith it is impossible for us to worship God with all our hearts. The Bible reminds us that when we worship we must have respect and awe for God our Creator. God has given us an amazing promise: “Those who honour Me, I will honour.” I Samuel 2:20.

The second meaning of worship involves giving thanks to God. “Give thanks in all circumstances, for this is God`s will for you in Christ Jesus.” I Thessalonians 5:20. When we think about it we realise that even our lives are given to us by God. Most people think that because they work the money they receive is their`s. However, if we think about it carefully we realise that we can work only because we have good health. If we are ill we are unable to work. When we give thanks and praise God we are blessed. We experience joy and peace.

The third factor involved in worship is that we give an offering. The wise men opened the boxes they were carrying and gave gold, frankincense and myrrh. In church we may give a special Christmas offering. Frankincense was used in times of prayer and myrrh as a preservative in burial. Apart from monetary gifts we can give prayer and ourselves to be used in helping and alleviating the suffering of others.

At Christmastime we give gifts. May we too, as well as our money offering, spend time in prayer and offer ourselves afresh to God. We remember that God gave the greatest gift at Christmastime when He gave His one and only Son so that we could experience salvation through Him. When we accept God`s gift we gain not only eternal life but also peace and joy in this life on earth.

Christmas is the time to worship Jesus the Son of God. Worship involves respect of God, thanks to Him, prayer, and gifts of all we have and all we are to Him with grateful hearts.

奥平 Okudaira

日曜礼拝メッセージ
Sunday Service Messages
最新記事
Recent Posts
宝さがし
Treasure Hunt
カテゴリー Category
タグから検索 Tags
アーカイブ Archives
浦安国際キリスト教会
Urayasu ICC

047-354-4582

​080-8435-9291(牧師携帯)

浦安市 今川 4-2-24

  • 浦安国際キリスト教会Facebook
  • 浦安国際キリスト教会Twitter
  • 浦安国際キリスト教会YouTube

© 2017-2019 浦安国際キリスト教会/Urayasu ICC All Rights Reserved.